Unite 2017 Tokyoに行ってきた

5月8日~9日の2日間、東京国際フォーラムで開催されたUnityのカンファレンス「Unite 2017 Tokyo」に行ってきた。

Unite 2017 Tokyo

国内最大のUnity開発者イベント
 Unite 2017 Tokyoは、Unityユーザーのためのテクニカルな講演やブース出展が数多く行われる、国内最大のUnityカンファレンスイベントです。
 Unity本社からゲームエンジンを開発している精鋭スタッフも来日し、Unityの最新機能解説をはじめ様々な講演が行われるほか、展示ブースエリアはさらに拡大。ゲームのみならず、幅広い業界からUnityに関わりのある企業様に数多くご出展いただき、Unity開発者業界の最先端をご体感いただけるイベントとなります。Unity開発シーンの最先端を、Unite 2017 Tokyoで体感してください!

オイラはUniteに行くの2013年以来だ。
 今回は今勢いのあるVR関連の発表や、ゲーム以外の用途での事例発表など、当時とはだいぶ様変わりしていた。そして、参加人数・会場が随分大規模になってた。
 4年前はインディーズ系ゲームメーカーの参加が大多数の印象だったけど、今回は大手ゲームメーカーや、ゲーム業界以外の企業も増えていた気がする。
 
 
 
 チケットを買って見に行ったわけだけど、ほとんどのセッションは講演資料と動画が後日公開予定だそうです。
 http://events.unity3d.jp/unite2017tokyo/session-lineup.html
 
 基本的に4部屋でのパラレルセッションだったんだけど、会場の東京国際フォーラムは建物の構造が立体的で、それぞれのHall間の移動が結構大変だった。それで1日目だけでだいぶ体力を消耗してしまい、2日目はグッタリしてた。
 セッション動画と資料が後から閲覧できるのはむしろ有難いです(笑)
 
 2年前のCEDECでUnrealEngineを動画制作ツールとして活用する実験作品のセッションを聴講したけど、どうやらUnityも最新バージョンから動画制作機能が強化されるようだ。
 https://blog.negativemind.com/2015/08/27/cedec-2015/
 https://blog.negativemind.com/2015/08/28/cedec-2015-day-2/
 https://blog.negativemind.com/2015/08/29/cedec-2015-day-3/
 
 という話を基調講演で聞いてしまったので、今回はその機能関連のセッションをメインに聴きましたとさ。セッション動画が公開されたらまた見返そう。

「魔法使いプリキュア!」EDでのUnity映像表現の詳細解説は残念ながら資料・動画公開されないそうです。
 http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20170509032/
 
 4Gmamer.netの記事で雰囲気は掴めるか?


Originally published at NegativeMindException.