グローバルな生活条件がどのように変化しているのかを私たちが考えようとするときに必要な地図

Japanese translation of “The map we need if we want to think about how global living conditions are changing”


データを視覚化するサイトOur World in Dataに掲載された“The map we need if we want to think about how global living conditions are changing”という記事の翻訳です。以下、訳文です。


グローバルな生活条件がどのように変化しているのかを私たちが考えようとするときに必要な地図

2018年9月12日 マックス・ローザー


Our World in Data(データで見る私たちの世界)は、特定のトピックに特化したエントリーで、グローバルな開発に関する実証的な証拠を提供しています。

このブログ記事は、 世界の人口増加に関するエントリーで議論されたデータと研究を取り上げています。

UPDATE: 9月20日と10月7日に、私は世界人口統計地図を更新し、いくつかの些細な変更を加えました。


Our World in Data(データで見る私たちの世界)における私たちの使命は、世界中の生活条件がどのように変化しているかを示すことです。

グローバルなデータを表示するには、地図を使うと便利です。しかし、世界地図の人気と親しみやすさにもかかわらず、それは世界中の生活条件がどのように変化しているのかについての私たちの理解を誤らせる可能性があります。それらは別の目的のために作られています。地理的な地図は、世界の土地がどこにあり、国境がどこにあるのかを私たちに示してくれますが、それらは、人々がどこにいるのかを私たちに示してはくれません。

もし世界の人々がどこにいるかを示したければ、私たちは人口の統計地図、つまり土地の分布に従って国の大きさが描かれるのではなく、人口の分布に従って国の大きさが描かれるような、世界の地理的表示が必要になります。

そこで私は、ここ最近の数週間の週末を使って、2018年の世界人口におけるこの統計地図を作成しました。

この統計地図は数多くの四角形で構成され、それぞれの四角形はある国の人口の50万人に相当します。1150万人のベルギー人は23個の四角形で表されます。4950万人のコロンビア人は99個の四角形で表されます。中国にいる14億1500万人の人々は2830個の四角形で表されます。そして、今年の全世界の人口は76億3300万人であり、合計1万5266個の四角形で表されます。

この地図には、領土のサイズではなく人口のサイズが示されているため、あなたがこの地図と私たちが最もよく親しんでいる標準的な地理的地図とを比較するときには、あなたはいくつかの大きな違いに気づくでしょう。人口密度の高い小さな国は、私たちが慣れ親しんでいる世界地図と比べると、この統計地図でのサイズが大きくなります — バングラデシュ、台湾、オランダを見てください。人口の少ない大きな国では、サイズが小さくなります — あなたたちのことを言っていますよ、カナダ、モンゴル、オーストラリア、ロシア。

他のチャートを読むときには、この統計地図を心に留めておいてください

私たちが国別データを示すチャートを見ているときは、この統計地図を念頭に置いておくべきです。なぜなら、私たちは、それらのチャートが語る人々の数がそれぞれの国によって大きく異なることを覚えておかなければならないからです。デンマークの平均余命の増加は、580万人の平均的な健康が増進していることを意味する一方で、インドの平均余命の増加は、13億5400万人の健康が改善していることを意味します。また、すべてのアフリカ諸国あるいはすべてのアメリカ大陸諸国での改善を示す多数の線がひかれたグラフは、中国での改善を示す1本の線がひかれたグラフよりも対象となる人が少ないことを意味しています。アジアで最も大きな2つの国 — 中国とインド — は、他のどの大陸よりも多くの人々が暮らす場所です。

2018年の世界人口の統計地図[1]

[統計地図をクリックすると拡大表示されます。そして、ここであなたは高解像度(6985×2650)の人口統計地図をダウンロードすることができます。]

私のモデル

私がこの視覚化を行ったとき、より早い時点で世界人口の統計地図を作成した他の人の仕事を基礎にしました:1世紀以上前の統計地図から、大陸間の分断を強調する最近のもの、そして非常に似ている2005年のもの、特に2015年のものなどです。[2]

世界人口の分布に関するいくつかの視点

この統計地図は、世界の概要を把握したいときに念頭に置いておくべき、とても多くの視点を私たちに提供してくれます。以下は、私が注目したいくつかのことです:

●ロシアの面積は世界の土地の11%を占め、長大な国境はノルウェーと北朝鮮の両方に接します。しかし、ロシアには世界人口のわずか2%以下しか住んでおらず、この統計地図では、フロリダ州よりも面積が小さいバングラデシュの規模にまで収縮しています。[3]

●世界の中の13カ国に1億人以上が住んでいます:中国(14億1500万人)、インド(13億5400万人)、米国(3億2680万人)、インドネシア(2億6680万人)、ブラジル(2億1090万人)、パキスタン(2億80万人)、ナイジェリア(1億9590万人)、バングラデシュ(1億6640万人)、ロシア(1億4400万人)、メキシコ(1億3080万人)、日本(1億2720万人)、エチオピア(1億750万人)、フィリピン(1億650万人)

○14番目の国が非常に近づいており、エジプトは来年に1億人に達すると予想されています。
○これらの13カ国は、合わせて47億5000万人、世界人口の62%の人々が住むところとなっています。

アジア・オセアニア

この下の統計地図は、世界の10人のうち6人が住むアジアとオセアニアに焦点を当てています。

●世界のこの地域内では、人口は非常に不均等に分布しています。東南アジアは人口密度が高い一方で、モンゴル、オーストラリア、カザフスタン、ロシアのアジア地方などの面積の大きな国々には比較的少数の人しか住んでいません。そしてそれぞれの国の中でも、非常に高い集中度を見ることになります。北京の都市圏は、オーストラリア全体と同じ人口を持っています。東京の人口はオセアニア全ての人口とほぼ同じです。

●中国とインドは、群を抜いて世界で最も人口の多い国です。もしあなたが、世界で何が起きているかを捉えておきたいならば、あなたはこれら2つの国を追跡していかなければなりません:
○世界人口の3分の1以上(36.2%)がインドと中国に住んでいます。
○全アジア人の60%が中国かインドに住んでいます。[4]
○今日、インドと中国のどちらも、1850年の全世界人口 (当時の世界人口は約12億6000万人)よりも多い人口を抱えています。

●しかし、中国とインドが圧倒的である一方で、他のアジア諸国もまた非常に人口が多いです。1億人以上の住民を抱える世界13カ国のうち7カ国がアジアにあります。

●ここ数十年でアジアの人口増加は急速に進んでいます。アジアの人口は1950年以来、3倍になっています。

●そして、アジアの一部の国がすでに人口転換の最後の段階に達している一方で、他の国ではまだ人口の急速な増加が続いています。インドの出生率は、1960年代の女性1人あたり6人の子供から、今日では女性1人あたり2.35人の子供にまで低下していますが、この人口的な勢いは人口増加がさらに40年間続くであろうことを意味します。国連の人口予測によると、2060年にはインドの人口は16億8000万人に達すると予想されており、この国は世界で最も人口の多い国になると予想されています。

南北アメリカ

南北アメリカの人口はおよそ10億人です(10億1500万人)。南アメリカに4億2800万人、北米、中米、カリブ海地域に5億8700万人が住んでいます。

●世界で3番目に人口が多い国であるアメリカ合衆国は、アメリカ大陸では群を抜いて最も人口の多い国です。その人口は、後に続くブラジルとメキシコという2つの国の人口を合わせた数とほぼ同じです。

●カナダの人口密度は1平方キロメートルあたりわずか4人です — この統計地図では、(面積では)世界で2番目に大きい国が、四角形の細い線と変わらないくらいにまで縮小されています。

●南米諸国の形状は、地理的な地図で見られるものと似ています。これは、南米諸国の人口密度が比較的類似しているためです。

●アメリカ大陸の人口は、ここ数世代にわたって非常に急速に増加しています。歴史的な推計によれば、1820年には人口は約3550万人に過ぎなかったことが示唆されます。当時において、これは世界人口のわずか3.4%を占めているだけでした。

●過去2世紀の間、南北アメリカ(28倍)の人口増加率は、ヨーロッパ(3倍)、アフリカ(14倍)、またはアジア(6倍)よりもはるかに速いものでした。[5]

●また、南北アメリカのいくつかの国ではさらに人口増加が速かったです。例えば、米国独立宣言の際における13の創設時の州に住む人口の規模は250万人に過ぎなかったと推定されています。[6]

アフリカ

世界の6人に1人がアフリカに住んでいます。この2番目に人口の多い大陸は約13億人が住むところとなっています。

●2つの国が1億人以上の人口を抱えています:ナイジェリアは1億9590万人、エチオピアは1億750万人です。

●人口密度はアフリカ大陸内で大きく異なります。アフリカで最も大きな国はアルジェリアですが、この国は比較的まばらに人が住んでいます。このスペクトルの反対側にはルワンダとブルンジがあります。この隣り合った2つの国は人口密度が高く、どちらにも約1200万人が住んでいます。[7]

ヨーロッパ

7億1100万人の人々がヨーロッパに住んでいますが、これは世界人口の10%に満たない数です。[8]

●5つのヨーロッパの国が、5000万人よりも多い人口を抱えています:ロシアのヨーロッパ部分(1億1000万人)、ドイツ(8230万人)、イギリス(6660万人)、フランス(6520万人)、イタリア(5930万人)。

●ヨーロッパの一部の地域は、人口が非常に密集しています。オランダの人口密度は1平方キロメートルあたり505人です(たとえば、1平方キロメートルあたり35人のアメリカと比較してみてください — 地図は下記参照)。

●中国の人口は、ヨーロッパ人口のほぼ正確に2倍の大きさです。

●ヨーロッパの人口は少ないですが、この大陸は経済的に非常に強力であり、世界の他のほとんどの地域よりもはるかに豊かです。例えば、スウェーデン人の1人あたりの産出量と所得は、インド人の1人あたりの産出量と所得の30倍、中国人の1人あたりの産出量と所得の8倍です。[9]

人口密度

世界の人口がどこに住んでいるかを示す別の方法は、以下で見ることができるように、地理的な世界地図の上で各国の人口密度を示すことです。中米、ヨーロッパ、東南アジアにある、世界でも人口密度の高い国々が目立ちます。バングラデシュは世界で最も人口密度の高い大きな国で、1平方キロメートルあたり1252人です。凡例にある0~10の区域にマウスを置くと、世界で最も人口密度の低い国々が表示されます。[訳注:インタラクティブな図はここから見ることができます。]

結論

地理的地図はあなたが世界中で道を見つけたい場合に役に立つ一方で、人口統計地図は、仲間の人間がどこに住んでいるのかを知りたい場合に私たちが必要とする表現です。

もしあなたが、世界人口に何が起こっているのかに興味があり、Our World in Data(データで見る私たちの世界)における私たちの仕事に注目しているのならば、私はこれらの統計地図があなたの役に立つことを願っています。もしあなたが印刷したい場合には、ここで高解像度のものを手に入れることができます。


脚注

[1] このデータは私が国連人口部から得たものであり、あなたは、以下のページでそのデータにアクセスし、私たちの地図上の他の国々に関してそれを可視化することができます。https://ourworldindata.org/grapher/UN-population-projection-medium-variant?year=2018

2018年のデータは、国連人口部が昨年に作成した将来の予測です。

その他のデータ — 1776年の米国、さまざまな首都圏エリアの人口、およびいくつかの小国の人口は、主にウィキペディアから得られたものです。

[2] 人口のサイズではなく他の変数が表現されているような統計地図を含む、他の多くのものがオンラインにあります。

[3] ロシアの土地面積は1709万8246平方キロメートルで、世界の土地面積は1億4894万平方キロメートルです。バングラデシュの土地面積は13万168平方キロメートルで、フロリダの土地面積は17万305平方キロメートルです。土地面積に関するデータの出所

[4] (1354+1415)/4545=61%です。

[5] ここのデータに基づいて計算しました。

[6] これは米国国勢調査(ここ)の推定であり、ウィキペディアのここも参照してください。

[7] ルワンダの面積は2万6338平方キロメートル、ブルンジは2万7830平方キロメートルです。

[8] 人口の多い2つの国であるロシアとトルコは、部分的にヨーロッパ人、部分的にアジア人からなります。ここで私は、ここの推定に沿って、ロシアの人口のうち1億1000万人と、トルコの人口のうち1120万人をヨーロッパ人として計算しています。

[9] 2016年(最新の利用可能なデータ)の中国の1人あたりGDPは6894米国ドルであり、インドは1861米国ドルでした。ドイツの1人あたりGDPは4万5552米国ドル、スウェーデンは5万6319米国ドルでした。すべてのデータはここにあります。


この訳文は元のサイトのCreative Commons(Attribution, share alike)ライセンスに従って、同ライセンスにて公開しています。問題がありましたら、可能な限り早く対応いたしますので、ご連絡ください。また、誤訳・不適切な表現等ありましたらご指摘ください。

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade