実運用のための最先端ブロックチェーン技術

Wavesplatformの記事”Cutting edge blockchain tech for real world”の日本語訳です。

Wavesプラットフォームは、現実世界のビジネスアプリケーションに、既存のブロックチェーン技術を届ける意欲を持ってスタートしました。 ブロックチェーンは開発の初期ステージでさえも驚くほど多くのものを世界に提供できます。 7年目を迎えたばかりだというのにです。 細かなブロックチェーンソリューションには触れませんが、いまや本当に成熟してきました。 私たちはオープンブロックチェーンテクノロジーにフォーカスしています。そして現実世界のビジネスに実装されることを望んでいます。

容易に統合できるカスタムブロックチェーントークン作成とトランザクション機能が、Wavesプラットフォームの特徴です。 各ビジネスには、カスタムトークンを発行する簡単なメソッドが必要であり、トークンはビジネスアプリケーションに統合して使用できます。 ゲーム通貨、クラウドファンディング、内部通貨、バウチャー、ロイヤルティポイントプログラム、これら全てがオープンブロックチェーンから多くのものを得られます。 実質的に、ネットワークインフラストラクチャーとシステム監査がオープンブロックチェーンにアウトソースされます。 これはビジネスの新たな次元を開きます。

ブロックチェーン技術はスケールが難しく、固有のディスアドバンテージがあり、テスト環境を超えて真に実用的にするための取り組みが必要です。 ブロックチェーントークンにフォーカスする限りは、そのための実用的で、スケーラブルで、柔軟なインフラストラクチャーの作成が課題となります。 私たちはいくつかのアプローチを追求しています。証明済みデータ構造、Bitcoin NG風スケーラビリティ拡張、セントラライズドマッチングにより拡張された分散型ブロックチェーントレーディング。 加えて私たちは、ブロックチェーンベースの論理機能実現方法を複数探っています。既存のシステムより安全でスケーラブルな方法です。 これにより、私たちはビジネス指向のスマートコントラクトプラットフォームに位置づけられるでしょう。

証明済みデータ構造は、ブロックチェーン上で多くのトークンとトランザクションを保持する際の問題解決手段です。 ブロックチェーンが大々的に使用されれば、規模も大きくなり、現在のブロックチェーンによる残高式元帳は、ますます処理が難しくなるでしょう。 私たちのアプローチは、次の論文がベースになっています。Leonid Reyzin, Dmitry Meshkov, Alexander Chepurnoy https://eprint.iacr.org/2016/994 ここでは、効果的なマークルツリーを構築する方法が示されています。全方向に現在の最良のベンチマークよりも秀でたデータ構造だと考えています。 スケーラビリティの強化は短い暗号学的ダイジェストをブロックチェーンに配置することで可能になり、ネットワークノードは、追跡を望まないネットワークトークンの状態を保持しなくても良くなります。 ネットワークノードは関心のあるトークンの状態のみを保持すればいいのです。例えば自分で発行したトークンだけ、といった具合に。

証明済みデータ構造アプローチは、効率的なライトクライアント、状態ストレージ、システム処理性能の向上をゴールに、さらに探求されます。 ブロックチェーンが証明済み状態データを直接扱い、そしてプルーニングできることが長期の目標です。

高負荷に耐えうるシステムを作成したいということです。 このことは実用的にもマーケティング的にも重要で、高負荷の生産システムに耐えうるネットワークとしてアナウンスするべきものです。

私たちの技術的ビジョンはBitcoin NGのアプローチを使用するものです。このアプローチはソフトフォークを通して明らかな処理性能の向上を提供します。 新たなタイプのブロックが導入され、マイナーは2つのアンカーであるキーブロック間の連続するブロックの生成権を争奪します。 ネットワークインフラストラクチャーをより効率的に使用し、秒間1,000トランザクションの潜在的な処理性能を可能にします。

ブロックチェーントークンは本質的に新たなタイプの金融商品です。そして、効率的でトラストレスにそれらをトレードする方法があります。 ブロックチェーンベースのトレーディングは、レイテンシーを切り離せません。クリプトのセントラライズドトレーディングは、中央集権型取引所に全てのアセットを預けることで、深刻なセキュリティ問題を抱えています。 私たちはその2つの世界の最良の組み合わせに挑みます。Wavesアセットトレーディングは、セントラライズド注文マッチングと分散型注文セトルメントによって行われます。 効率的で高速な注文執行を資金を他者に預けることなく行えます。 ユーザーは全体を通して自らの資金をフルコントロールしたまま、大きなレイテンシーなくトレードが行えます。 このアプローチは、クリプトを超えて一般化でき、従来のトレーディングインフラストラクチャーでも活用できるポテンシャルがあります。

私たちの調査と開発の努力は、クリプトテクノロジーを持つ現実世界のアプリケーションへと向かっています。 私たちは最先端テクノロジーをすぐに実用するために開発しています。 オープンブロックチェーンは、人類の未来です。今こそ送金アプリケーションを超えて実生活での使用を始める時です。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.