PS4用Jamestownのサウンドトラックがリマスタリングされる

2014–05-10

Final Form Games は17世紀植民地の雰囲気の漂う火星を舞台とするサイエンスフィクションのシューティングゲーム、『Jamestown』をこの夏までにPlayStation 4用にアップグレード移植すると発表した。

『Jamestown Plus』には、オリジナル版のシューターに加え、さらにアップグレードされた種類の戦闘機や火星の衛生であるフォボスとダイモスを舞台とする未公開のレベルも用意されることになっている。このゲームはPlayStationネットワークからダウンロードすることができ、これまでに無い広大な時空の果てに広がる深いストーリーを楽しむことができる。

GunpointやFrog Fractions 2などのゲームミュージックを共同作曲してきたチリ出身の作曲家フランシスコ・セーダは、このゲームのサウンドトラックをリマスタリングしてリリースする予定でいる。

彼のメールによると、このアルバムには「最終レベルのファンファーレ、ゲームオーバーのテーマ、メニューマップのテーマやカバーバージョン、そしてB面版などのオリジナルゲームのサウンドトラックには収めきれなかった残りのサウンドトラックがすべて」再検討されて収録されることになっているそうだ。

PlayStation Blog — Jamestown Plus coming to PS4 this summer