シリコンバレーが機能する理由:サム・アルトマン

出展:Flickr

FT向けにこの記事を書いたが、有料コンテンツ内にある。私が書いたのだから、私がここで公開するのはおそらく大丈夫だろうと思う。


もっと翻訳が読みたい方は、Peraperaアプリで! http://www.perapera.co

スタートアップの自然な状態は死ぬことだ。スタートアップの大半は、この運命を逃れるため、その初期の時期に、複数の奇跡を必要とする。だが、シリコンバレーのネットワークの密度と幅により、スタートアップは死をごまかせることがたまにある。

シリコンバレーが機能するのは、スタートアップに携わる人々の密度が非常に高く、彼らはお互いを助け合う傾向にあるからだ。その他のテックハブでもこの傾向はあるが、これはメトカーフの法則の一例なのだ――この法則は、ネットワークの価値は、そのネットワークのノード数の二乗に比例するというものである。シリコンバレーは、他のどこよりも、ネットワークのノードを遥かに多く持っている。

私たちに関する最大の誤解の一つは、このネットワークから何らかの価値を得るには、事前につながりを持っている必要があるというものだ。意外なことに、そういうわけでもない。シリコンバレーは一堂に会した門外漢たちのコミュニティなのだ。もしあなたが何かすばらしいものを作っていたら、人々はあなたを助けてくれる。会ったばかりの人たちに助けを求めるのは、普通の習慣だ――そして、あなたがうっとうしい方法で助けを求めるのでもない限り、一般的に彼らは気にしない。

私は、数多くのスタートアップに少額の資金と、たくさんのアドバイスを与える投資会社、Y Combinatorを運営している。私たちは年に二回のバッチに分けてこれを行っている。私たちのネットワークが機能するのは、非常に強いつながりがあるからだ。創業者たちは通常、彼らの一番最初の投資家たちとより近い関係にあり、その後の投資家たちとはそれほど近くはない。そして、会社をスタートしようと努力している際に、彼らは周りをとり囲む人々の中でも一番近い存在なのだ。 したがって、YC出身の創業者は通常、他のYCの創業者を助けるためにできることは何でもしようとする。 時にはこれが顧客または投資家になるということもある。採用候補者を紹介することもあるが、時にはアドバイスをして投資家を繋げることもある。しばしば心の支えでもあるのだ。

私が創業者たちによく尋ねるのは、YCを経験して一番驚いたのは何かということだ。そして、よくある回答は、YCの「メタ会社」としての度合いだ。そう、約700社のYC企業は、完全に独立した法人組織だ――だが、つながりは非常に強力なので、卒業生の会社はお互いからかなりの利益を得ている。YCの創業者たちの多くは、彼らの会社の友人たち、アドバイザーたち、そして投資家たちの全員よりも、他のYCの創業者たちから得られる助けのほうが多いと、私たちに語っている。多くは、YCのネットワーク外のプロダクトを使おうと決定する前に、別のYC企業によるプロダクトを試している。

私にはこれが未来のように思える――個々の企業による複数の大きなグループが、ゆるやかにつながっている。

私がよく訊かれる質問の一つは、シリコンバレーの成功を別の場所で再現するにはどうしたら良いか、というものだ。多くの人たちは、スタートアップの世界がネットワーク効果から大いに利益を得るものであると理解しており、どこか別の場所で必要な密度を再現することは不可能であるかのように思うかもしれない。だが、私の経験が示唆しているのは、数千人の人たちと、妥当な量の資本金があればおそらく実行可能だということだ。

他にも二つのものが必要だと私は思う。野心にあふれる多くの人たちがスタートアップとテクノロジーを一番に取り組む地域、そし長い期間を経て得る報酬に対しての集中だ。多くの都市では、話題を独占する分野が1つある――ニューヨークでは金融、DCでは政治、LAでは映画、そしてサンフランシスコではスタートアップだ。もしスタートアップが何かの脇役のような立場になるとしたら、シリコンバレーの環境を再現するのは困難となるだろう。

シリコンバレーの長い期間を経て得る報酬に対しての集中もまた重要だ。ほぼ誰もが豊かになることを望んでいるが、彼らは喜んで待ってそうする。目立つ消費はクールなことではない。フェラーリを乗り回す人は多くないし、別荘について語る人も多くない。人々が主に今年の現金報酬に焦点を当てている他の都市とは違い、シリコンバレーでは、給料よりもエクィティについて話をする人たちの方が多い(もちろん、彼らがかなり制御不能な家賃を支払うことができるという仮定の上でのことであり、これは、おそらく現在ここでの一番の弱点だろう)。短期の機会を犠牲にして、長期で多くの収益を得ることに対する焦点は、大きな影響力を持つ会社の構築に欠かせない――それは時間がかかることなのだ。

原文:http://blog.samaltman.com/why-silicon-valley-works

Show your support

Clapping shows how much you appreciated PeraPera’s story.