世界は加速し続けています。ボクたちは世界内存在であり世界に含有されている。世界は穴を抜けた。世界を包むのは幽かな光。幽かな光は膨張して世界を内側まで照らす。その光は5つめの世界の秩序。認識可能な世界は五次元になり、ボクたちの生きる世界は五次元へと拡張されて、ボクたちは四次元空間を自由に移動できるようになりました。時間は単線的な状態から解放され歴史はデータベースへと変換されました。ですが、ひとりの人間に許容される細胞分裂の回数が増えたわけではなく、体感される人生というものは寧ろ短くなったかのように感じられた。ボクたちが享受可能な情報は無尽蔵でそれを取捨選択する方法論を用意するだけの時間はボクたちには無くて、世界の世界性の分析は進むことはないがために、世界は加速していき政府は世界にアクセスすることを諦めた。今となってはボクたちが何段階加速したのかを知る術は存在しないでも加速したボクはキミに逢いたいと願う。
Show your support

Clapping shows how much you appreciated similart’s story.