【理論】学力差について考えてみよう
toiee 亀田
292

個人的に、タイムリーな話題で、考えるきっかけをいただき、ありがとうございます。

個人の差は、学力に限らずどんなことでもありますし、誰かと同じになることはないですが、端から見ていると出来る人が、「自分は出来ない」と思い込んで次の一歩を踏み出さないということをなんとか背中を押せないか、と悩んでおりました。

もしかしたら、その方の比較対象が、昨日の自分ではなく、すでに出来ている誰かであり、そこに至らないから、ダメだと思っているのかも、と気がつきました。

自分の学びのフィードバックをするのではなくて、経験値の高い他者と比較すれば、埋めようのない経験差しか感じませんから、自信なんてもてませんよね。

どう背中を押そうか、ちょっと見えたように思います。

気づきを、ありがとうございます。

Like what you read? Give Ritsuko Sakamoto 坂本 律子 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.