元町 中華街

南京町

今日は就職活動で元町へ行きました。

せっかく大阪から来たのでスーツでしたがブラブラ・・・・・

出てきたのは南京町。中学校の学外授業以来でした。

商店街から一歩裏に入るだけでガラッと変わる町並み、店頭で客引きをしている店員さんもほとんどの方が中国人。

まるで本当に中国へ来たような気分になれるのがすごい。

見上げると、いかにも中国デス。というような建物や装飾でいっぱい。

とてもワクワクしました。

沢山お店はありましたが、南京町の中心にある有名な「老祥記」へ

豚まんを買いに行きました。

休日は行列が出来るみたいですが、雨だったせいかラッキーにも3~4組だけだったのですんなり購入出来ました。

出来たての熱々を包んで頂いたので、すぐにでも食べたかったのですが雨だったので断念・・・。

家に帰って開けてみるとコロっと小さな豚まん。

餡がものすごく濃い味でしっかりしているので醤油やカラシいらず!

とても美味しかったです。

生まれも育ちも大阪の私は、551の甘い生地に慣れ親しんでいるので

生地に味気がないことには驚きました。餡が濃いのでちょうど良いのでしょう。

豚まんの宣伝みたいになってしまいましたが、そうではなく、、、

南京町のようにヨーロッパ出身の方々が店頭でカタコトで客引きをし、

本場の美味しい料理を出してくれるような楽しい場所があればいいなと感じました。

大阪にアメリカ村やヨーロッパ通りがありますが、そんなのじゃなく、

もっと派手に。そこに行けば日本ではなく異国の雰囲気を味わえるような。。

電車に乗ってきたのに、まるで海外旅行に来ているような。。。。

ようするに、中華街のヨーロッパバージョンってわけです。

そんな場所が出来ると、きっと楽しいでしょうね。

Like what you read? Give Riyo Gotouda a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.