匿名希望のKさんから、体験談をいただきました

藤尾隆達 様

先週は、御電話でのエモ-ションフリ-のセッション有難うございました。

Facebookで時間があるとブログを拝見したりているのですが、そこで何気に読んだ

エモ-ションフリ-がずっと気になっておりました。

エモ-ションフリ-を受けてみようと思ったきっかけとなる出来事ですが。。。

私は稼業を継ぐ予定で長年勤務してきましたが、
ある出来事がきっかけで父と揉め、
父に対する許せないと言う怒りが日に日に増し、
接点を持てば揉める始末。

結果、
稼業は継がない話になり、
早々に会社から追い出される感じになりました。

私は、
今後の自分の事を考え るようになり、
新たな道を選ぶ決心をしました。

私の新たな道は、
昔から興味があったセラピスト。

これからは社会に貢献し人のお役に立ちたい。
喜んでいただける、そんな仕事がしたい。

でも現在の私は、
会社に行くたびストレスの溜まるような出来事がいっぱいで
次のステップに進むために資格取得の試験も受けて、
少しづつ段取りしてきたのに、
ここにきて父への怒りとストレスが、
自分の中でいっぱいになり収集がつかなく思考がおかしくなって
先に進む事が出来ない。

困った。どうしよう。。。

こんな気持ちになった時、
ふとエモ-ションフリ-を思い出し申込みました。

正直、半信半疑。
 これ催眠術みたいなやつ? ヤバかったりして。。笑

一応、一回目は無料だし、とりあえず受けてみるか。
そして予定の日時に、先生のエモ-ションフリ-を受けました。

初めの20分程色々話をして、
後は先生のおまじないが20分程でしたでしょうか。

先生「今日は何を一番にしてもらいたい?」
私 「父がした行動が許せない。父に怒りしかない。」
先生「お父さんに対する怒りを数字に例えると、どう? 」
私 「うーん。。今は9~10ぐらいですかね。」
先生「じゃあ始めますね。身体に変化もあると思うので、それも教えてください。」

それから何回か、
エモ-ションフリ-を繰り返していた だき、

先生「じゃあ最初と同じ質問をしますね。怒りはどうですか?」
私 「あんまり思わなくなりました。怒りは1くらいですかね。父は何であんな怒り方をしたんだろうって思います。」

身体の変化は、
目の前がパ-っと明るくなり胃のあたりがカ-っと熱い感じ。

先生との電話セッションが終わって時間が経つにつれ、
受けていた時よりも、もっと父が気にならない。

言い方が悪いと、父のする行動が私には、どうでも良くなりました。

何日か経ちましたが父と接点を持っても以前のような怒りはなく、
考え方も前向きになれました。

また開業に向けての良い御縁もあったり、
違う資格も取る意欲も出てきました 。


そしてそして、
ある日 私の部下が私の退職の絡みで、
朝から情緒不安定な感じ。

感情のコントロ-ルが出来なくて、
涙が止まらないと言う症状。

私は先生のブログを見て、
エモ-ションフリ-を受けてみたらどうかと進めてみたところ、
彼女はその日のうちに早々先生から受けて、
夕方には朝とは見違えるほど、
前向きな考えの言葉を発し、全然違う人になっていました。

私も彼女も、
今でもエモ-ションフリ-が効いている状態です。

すごく気持ちが楽になり、
前向きになれるので受けて良かったと思っています。

私は今後、
ぜひこの講座を受けて、
自分や家族はもちろん、
私の周りの方々にも体験し てほしいと思っています。

そして開業した時に、
私のお店に来ていただくお客様にもしてさしあげたいと思っております。

来月の講座を参加しようと思っておりますので、
その時はどうぞ宜しくお願いいたします。


ぜひ、覚えて多くの人にしてあげてください。
簡単に、覚えられますし。

— — 講座 — — 
詳しく こちら から

すぐにでも覚えたい方は是非お越しください。
東京 2017/2/20(月)
大阪 2017/3/4(土)
東京 2017/3/19(日)
東京 2017/3/20(月・祝)

お楽しみに!!

講座をやってほしいとご依頼があれば検討しますので、
遠慮なく連絡くださいね。

未来に過去を置くのは辞めて楽しく行きましょう!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
エモーションフリーを勧める理由
体験談まとめ
エモフリ記事まとめ
エモーションフリーについて
エモーションフリーを学ぶ
エモーションフリーセッションを受ける
アメブロ版はこちらで読めます
・奥様のブログ…ブログで学べる・成功者が実践し続ける神仏開運法 藤尾美友オフィシャルブログ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.