赤玉スイートワイン。懐かしいお味で…

日経新聞の朝刊に毎日連載されている小説。楽しみにしているわけです。出版されるときには分厚くて読むことを躊躇してしまいそうですが、毎朝少しずつだと次の誌面が楽しみになる。

宮部みゆきさんの「迷いの旅籠」もとても面白い小説でした。現在は「三鬼」となって出版されている。

さて、今連載が進んでいるのが伊集院静さんの「琥珀の夢」。サントリーの鳥井さんのお話。話の中に「赤玉スイートワイン」が登場しているところです。当時は「赤玉ポートワイン」と呼ばれていたお酒。

つい、日経の策略にはまり飲みたくなった。

飲んで思い出したが、とても懐かしい味。どこで飲んだのか、想いを巡らせてみた。

かなり昔だ。

白いのもあるんだね。

明日も日経の連載が楽しみだ。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated SINTO’s story.