2015九州デトックスの旅。

昨年秋は、普通電車乗り放題切符を使って、リアル九州一周という凶行を

成し遂げたので、

今年の休暇は海外にでも行こうかと思っていたのだが、

今年の夏あたりから休みが2週間に1日という生活になってしまい、

「仕事やら雑事も関係ない、静かな山の中で静養したい」

と思うようになり、最早海外に行く気は失せてしまった。

そんな中無理やり確保した2連休で由布院に行く。

結論から言うと、まさにここ数ヶ月切に求めていた静かな環境。

穴場で旅館名は秘すが、まさに山の中の宿。

街灯も家の明かりもない、月明かりだけ。

聞こえるのは鳥と虫の声。

我が街で毎夜の如く響きわたる救急車の音も暴走族の音も聞こえない。

窓を開けると入ってくる草木の匂い。PM2.5とは無縁の空気。

それ以外、はっきり言って何もないのだけど、 だからこそ良い。

心ゆくまでゆっくりさせてもらいました。

2泊すると確実に社会復帰できなさそうではあるが。

1泊2万はなかなかだったが、十分すぎる価値。また行きたいと思う。

ご主人によると世の中のハードワーカー達が求めてやってくるとのこと。

確かに気持ちはわかる。


帰りは別府で途中下車。この1年で4度目の別府。

日本全国を転々とする生活を送るようになってから、

あちこちの街に行くようになったが、

これだけの回数行くのは別府くらいなので、 相当好きなのだと思う。

リタイヤしたら、住んでみたい街の一つである。

由布院はこぢんまりとした温泉街だが、別府は一大観光都市ということで

同じ大分県の中ではあるが雰囲気が全く違う。

友人数名と一緒に行くなら 別府の方がオススメかもしれない。

少人数なら由布院かな。

ひとまず2日に及ぶデトックスの旅は終わり、明日からまた現実に戻る。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Satoru Ogawa’s story.