その人の良さを奪わずに、求める成長を期待するということ

最近、その人の良さが奪われたままに、求められる成長に対して必死に行動している姿に出会う機会が多い。

そんなことさせないで、成長を待ってあげてよ!!と他人の組織なら思うのだけど、自分の組織では同じようなことをしているなと思って少し悲しくもなる。

ただ、自分の良さを奪うのは、いつだって自分だ。誰かのせいにしがちだけれど、常に自分が選択して動いてる。

だからこそ、組織としては自信を持って選択できるように環境は整えねば。組織には組織の人格があるからこそ、自分の人格と分けて捉えないと困っちゃう。

とりあえず、個人として大事なのは4つくらいだろうか。

・おいしいものを食べて、心を豊かにすること。
・睡眠は愛情の代わりになるから、たくさん寝ること。
・聴いてほしいことを、聴いてもらうこと。
・見てほしいものを、見てもらうこと。

仕事は仕事。行動の改善はしないといけないことなんてたくさんある。だから、インプットは必要だ。でも、個人として強くなるのに必要なのはインプットではけしてない。

春は、変化の季節だからね。もう少しだけ、余裕を育むこと。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.