【ストリートエシカル】を原宿から発信。REBIRTH PROJECT初のリアル店舗。

俳優の伊勢谷友介さんが代表を務めるREBIRTH PROJECT(リバースプロジェクト)から初のリアル店舗が東京は原宿にオープンしました。

エシカルな文化の根付く街へ
せっかく買うなら地球に良いものを、長く使えるものを、支援になるものを。
誰かのために、地球のために、自分の行動を考える。その気持ち、行動理念の基準となるのが、「ETHICAL = 倫理」です。
そんな、エシカルという共通理念のもと、『GIVE LIFE』がHUB となり、個人、街・商店街、企業が垣根を越えて連携していきます。
原宿は、「エシカル」な文化の根付く街へ。

その店舗は、原宿で25年に渡って店を構えていた「ギブライフ」をリニューアル。オーガニックやアップサイクルをはじめとした、人と地球にやさしい素材を用いた商品の販売とライフスタイルの提案、伝統技術や地域工芸の販売ルート拡大のためのサポートも実施するそうです。

例えば、廃棄された車のエアバックとシートベルトを使い、人の命を守るために機能してきたものを命を吹き込んで市場に戻す「AIRBACK」プロジェクトの「master-piece 別注エアバッグパック」など、ファッションアイテムが中心となって並ぶ。

こだわりは「エシカルの可視化」ということで、リニューアルにあたっての内装は、もともとギブライフで使われていた什器や廃材を利用して制作。商品だけでなく、世界観や消費者のマインドを変えるきっかけ作りなど、店全体を通して表現したいと考えてられている。

原宿がストリートエシカルという新たなカルチャーの発信拠点になりそうですね。