Googleなど世界のグローバル企業がしている節税手法とは

GoogleやAppleなどの世界を代表する世界企業は、純利益、しっかり手元に現金が残るように、グローバルの税制の制度の違いを活かし、合法的に節税をしている

果たしてどういったスキームなのか。

GoogleのGoogle Ireland Holdingsに米国のGoogle本社からビジネスライセンスを付与する。

Google Irelandはタックスヘイブンによって管理されているためアイルランドに法人税を納める必要がない。

Google Ireland Holdingsからぶら下げる形で更に子会社Google Ireland Ltdにサブライセンスを付与しこれにより米国以外の海外収益がこの会社に計上される。

ここから親会社のHoldings会社に利益を移転するときにオランダの法人を経由させる。アイルランド-オランダ間の租税条約によって、アイルランドからオランダに対するロイヤルティ支払には源泉税が徴収されない。オランダを経由することでバミューダ諸島への支払いに関して源泉税が非課税となるからである。

オランダの会社からアイルランドの親会社に送金されるのである。

上記の方法を駆使し1000億円以上の節税に成功している。

正直国に税金を納めるのも大事だとは思いますが、特に日本を例に取ってみると国によってお金が使われるより、Googleが使ったほうが有意義な使い方というか将来の社会のためになるとおもいます。

売上を作るのも大事ですが、その売上をしっかり守る仕組みを作るのもグローバルで買っていくためには大事だと思います。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated しょう’s story.