Digital Health カオスマップ日本版を作ってみた

Shotaro Asano
Jun 6, 2017 · 3 min read

カオスマップとは、ベンチャー関係者なら一度はみたことのある、もしくは社内資料作成でお世話になったことなる、あれです。

U.Sでは、VC、調査会社/コンサル、銀行などがよく作っていて、verticalごとの俯瞰がしやすいツールです。

まだ日本ではDigital Healthという軸では見かけたことがありません。

ということで、作ってみた。

https://docs.google.com/presentation/d/1wa91U4l23FU66XUIFv2nnYVQLtTg1oCiYaEHOlX8VrE/edit?usp=sharing

・StartUpの基準を以下の3つを満たすこととしています:①設立10年以内、②独立系、③未上場。

・原則プロダクト名を社名より優先して表記しています

・この記事に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

https://www.slideshare.net/SVBFinancial/svb-digital-health-report-2016

おおもとのグループ分けの軸は、Silicon Valley Bankが作ったU.SのDigital Health Landscapeを使っています。

これは、U.Sの状況を最もわかりやすく整理できているものとincubate fundの木村氏から教えて頂きました。


日米比較での気づき

・日本には「患者コミュニティ」「服薬管理」プレイヤーがいない
・逆に「新しい検査」「ケア機器/ハードウェア」プレイヤーが多め

あたりでしょうか。

患者コミュニティについては、新プレイヤーが10年以内には誕生しておらず、各疾病ごとや各地域ごとのNPOや、個人/家族のブログが散在しているに留まっていそうです。果たして、新しく患者がその情報発信元に行き着くのか、、課題がありそうです。

服薬管理は、大手企業がIoT軸で参入していますがスタートアップは発見できませんでした。(もしかしたらあるのかな、、、)

補足事項としては、ヘルスケアに関わらずU.Sの方が何かと先行しがちのスタートアップ界において、「今のU.S」と「今の日本」で時間的なズレが多少あるという前提はあります。例えば、U.Sではすでに大腸菌検査のuBiome(2012年創業、2014年にY-combinatorとA16Zから資金調達)が話題になって久しくSilicon Valley Bank版には載っていません。

Shotaro Asano

Written by

Save Medical Corp. Founder/CEO, Evidence-based mHealth Believer, Healthcare Hackathon Hub Co-Founder, ex-Recruit Strategic Partners VP

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade