事業にコミットすることの大切さ

by中山 翔太(起業家)

ひっそりとスタートしたこのブログですが、最初の更新をしたところから全く更新していませんでしたが、2015年の12月14日に起業しまして、現在は少ない人数ながらもサービスオープンに向けて活動中です。

スタートアップのチーム作り

今日はチーム作りについて書いておこうと思います。
何をスタートしたばっかりの企業が偉そうなことを思うかもしれませんが、昨年の1月頃からスタートした事業構想について約1年がかかりで起業準備をしてきました。そのメンバーの1人が起業してから離れることになりました。彼には自分で立ち上げたばかりの会社もありましたので、色々と難しいところがありましたが、辞める前になぜ一緒にやったのかを聞いたところ、「単純に面白そうと思ったけど、一番の理由は中山翔太という人間を手伝いたいと思った。」と言っていました。
これは非常にありがたい言葉です。何の実績もない僕のような人間を手伝ってくれると言ってくれているのですから。

しかし、今回のことを経験して学んだことは、人にコミットしてその会社に入る(会社を作る)ということは危ういことなんだということを学びました。誰かを手伝うということは結局は受け身なことで、主体性を持って行動することができなくなります。その人にとってアドバイスをすることはできても、自分で決断することができなくなってしまいます。そういう場合は別の立場で協力してくれる方がよっぽどマシです。スタートアップ企業にとってスピードは命です。一人一人が同じことをずっとやっていてもそれは1+1=2になるだけで僕たちに求められるのは1+1=3にも4にもなることなのです。実は僕は自分の会社を作ったのですが、とあるベンチャーでも社員として働いています(これも甘いと言われますが。。。)。そのベンチャーも新規事業開発に向けて頑張っているのですが、僕自身がいまいちコミットできていません。それはやはり上で書いたような理由なんだと思っています。社長の人柄に惹かれて手伝いたい!そこで経験を積みたい!と思って入社しましたが、その場合は自分が思っていたことと違うことになると人の責任にしてしまうんだなということを実感しました。さぞ、ベンチャーの社長も歯がゆいでしょうね。反省します。そこを打破するには、責任を与えてやるべきことを明確にしてあとは任せるということが必要になるんですね(まぁまだまだ先の話ですが)。

まとめ

何はともあれ今回備忘録として書いておきたかったことは、スタートアップの初期メンバーは事業にコミットさせろ!ということです。事業のことを考えれば新しいアイディアも出てくるしそのワクワクが成長につながると思います。

最後に、別に喧嘩別れしたわけではなく、今後ともお互いで一緒にやれるところはやっていこうという話ですので、決別したわけではありません。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.