TNZ NFT DAO

世界中でNFTやweb3の話題が盛り上がる中、日本でもクリプト関連のワードをニュース等で耳にするようになりました。では現状の日本で実際にNFTを購入したりしている人たちはどの程度いるのでしょうか。NFT市場の実態データは出回っていますが、どうも調査母集団にバイアスがかかっていそうな内容が多く、数字のブレが大きいように思います。

はじめに断っておくと正確な数字はわかりません。あくまで複数のデータでの掛け合わせの推計となります。今回、推計するにあたり参考にしたデータは以下の2つです。

1)Opensea月間アクティブトレーダー数
https://dune.com/rchen8/opensea
2)Opensea国別アクセスシェア
https://www.similarweb.com/

1)Openseaが公表しているデータですし、現状、Openseaでのトレードが圧倒的なシェアを占めているので、大枠のユーザー数を把握する上では最も参考にすべき数字かなと考えています。

2)国別のシェアはsimilarwebというツールを使って分析しました。実際のアクセス数値とはズレが生じるとも言われていますが、大まかな実態把握をする上では問題ないでしょう。

日本のOpensea月間アクティブトレーダー数は約2万人??

世界最大のNFT売買プラットフォームopenseaの月間アクティブトレーダー数は2万人も程度の計算になります。。

(1)415,435 × (2)5.00% =20,771

思ったよりも少ないと思う方が大半ではないでしょうか。つまりNFTマーケティングで日本人購入者をターゲットにした場合、コアなターゲット層は2万人程度しかいないのです。まったく商売は成り立たちません。全世界でも40万人程度の超ニッチ市場。真っ向からグローバルマーケティングに取り組まないと勝算は持てないことがこの数字からも明らかです。

そして更に、グローバルマーケティングで一定の成果をあげたとしても、その後の展開で、web3に馴染みのないユーザーに対してのサービス提供する裾野を広げるロードマップを描いていないと発展性のあるビジネス構築は厳しいのだと思われます。

--

--

新たな「信頼」のテクノロジーであるブロックチェーンは、これまで「信頼」を担っていた「国」や「通貨」の役割を変容させてしまう可能性を秘めています。

矢野経済研究所 2021 ブロックチェーン活用サービス市場の実態と将来展望によると、デジタルの経済圏が、現実世界の経済規模を超えるとも目されています。様々なコミュニティによる独自通貨の発行によって、「労働」「消費」「投資」が完結する経済圏が形成され、各国の通貨を用いた経済活動が縮小していくという仮説です。ドルや円などの国が発行する通貨よりも、デジタル経済圏で使用される通貨の流通量が大きくなっていくかもしれない。

この説はある種の極論かもしれません。しかし、現在、GAFAMのような一つの企業体が国家予算規模の売上を計上していること鑑みるとあながち馬鹿げた妄想でもないように思います。

株式資本マーケットからブロックチェーンによる新しいマーケットに移行する過程で、国家が介入する余地がなくなるのだとすると、国家の経済圏は徐々にシュリンクしていくシミュレーションは可能です。

こうした変革によって、国際間の取引での各国間の規定や思惑による調整ごとが意味をなさなくなります。つまりNO BORDERであるということです。事実、現在において、暗号通貨の最大の利便性は国際間での即時取引です。クロスボーダー取引において、売買、労働対価の支払いなどの決済が数分で完了してしまうことはとてつもないイノベーションです。

こうした現実世界の経済圏にとらわれない、デジタルによる新たな経済圏のつながりこそが、現実を超越したもう一つの世界のつながり「メタバース」の本質だと考えています。

--

--

2021年、突如としてNFTマーケットは急騰しました。デジタルの画像データが何千万円もで取引されていく様は、web3や暗号資産に馴染みのない多くの人々にとって「鮮烈」でも「困惑」でもありました。

急騰しているから熱狂する、熱狂するから急騰する、投機マーケットの典型的パターンだと言ってしま得るかもしれません。

しかし、web3やNFTにみられる熱の帯び方は、そうした投機に対する期待値とは別の側面があるように思います。

インターネットが情報革命を起こしたように、ブロックチェーンは信頼に革命を起こすだろう。これはあらゆることを変える可能性を秘めた技術だ。

これは、2016年に世界に衝撃を与えた書籍「Blockchain Revolution: How the Technology Behind Bitcoin Is Changing Money, Business, and the World」に寄せた、当時のMITメディアラボ所長 伊藤穰一氏が寄せたブロックチェーンの定義です。

イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリによる書籍「Sapience:A Brief History of Humankind」で語られた進化生物学における説によると、「国」「宗教」「貨幣」などの「空想を信じる力」からまさに人類は始まったとされています。

つまり、今、ブロックチェーンによって塗り替えらようとしている「信頼の力」は、有史以来、人類を人類たらしめてきた能力そのものを進化させる革命です。

アスリートによる世界記録を樹立や月面着陸の成功だったり、人類が築き上げた歴史を塗り替える瞬間に触れた時に私たちは熱狂するように、私たちは今、人類進化の目覚めに熱狂しているのかもしれません。

--

--

昨今、日本国内のテレビやネットニュースなどを通じて、NFT(非代替性トークン)に関連したニュースを見聞きすることが多くなりました。デジタルアートが高額で取引されたり、ディズニーやNIKEなどのグローバル企業や、メルカリ、楽天等のネット企業がNFT事業に取り組むなど日々情報が発信されています。「NFT」は保有していないが「NFT」という言葉を知っている人が増えてきた肌感覚はあります。

しかし、NFTに関連したビジネス規模は日本国内においてはまだペンペン草も生えていない状況だと推測します。また、国内プラットフォームが成熟していない現状では、国境がそもそも溶け合い、日本も世界マーケットの一部となっているとも言えます。そうした状況下で、日本のクリエイターや企業がどのようにNFT市場を捉えるべきなのでしょうか。

2兆円規模に急拡大した世界市場

2021年、NFT市場は遂に2兆円規模にまで急拡大しました。過去3カ年で比較すると、取引総額、取引件数、平均取引単価のいずれも2021年に突如、急拡大していることが伺えます。

--

--

TNZ NFT DAOは、日本発ブルーチップNFTコレクションの実現をミッションに掲げ、プロジェクトの海外マーケティング観点での支援・育成を目的とした活動団体です。ではなぜDAOという組織形態を採用しているのか?そもそもDAOとは何か?について解説します。

DAO(分散型自律組織)とは?

すでに、日本国内においても様々なメディアにおいてDAOの解説はなされていますが、有り体に言えばDAO(Decentralized Autonomous Organization)とは「分散型自律組織」を指し、複数の個人や団体が参画して、ブロックチェーン上で管理・運営する組織のことです。難しい言葉が並ぶので分かりにくいですが、平たい言葉で説明すると「誰にも支配されずにみんなで決めるゾ!」という思想です。

DAOの最大かつ唯一の特徴は、ガバナンストークンによって参加メンバーに決裁権を分散して付与するという点です。このように解説すると、ブロックチェーンを活用した驚くべき技術によって、新たな組織運営を行うことのように聞こえ、期待に胸が踊るかもしれません。しかし、DAOの革新性は、本質的には技術よりも概念そのものが重要です。

DAOは「働き方改革3.0」のような合言葉

DAOの概念について、株式会社の組織形態と比較して整理します。株式会社は、株式の保有率によって定められた決裁権者によって管理・運営されます。例えば、株100%を保有する経営者は、全ての決裁権を掌握します。上場企業でも社長=筆頭株主となる株主構成は珍しくないですが、その場合も、経営判断の大部分を社長一人が握ることになります。株式会社の意思決定は、株の保有率に応じた代表者によって、株式市場での成長を目的に行使されるということです。

DAOに期待する声が盛り上がりつつある潮流は、こうした株式市場・株主が支配する「労働」に対して、ブロックチェーンによって「協働」をもたらそうとするムーブメントの一種 だと捉えています。DAO(Decentralized Autonomous Organization)という言葉そのものがコンセプトであり、「働き方改革3.0」というスローガンのようなもの。

概念や志こそが重要であり、「技術的」にも「仕組み的」にもDAOだからといって必ずしも「分散」するわけでも「自律」するわけでもない。なので、組織する企業や団体の壁を超えて、ビジョンを同じくした活動をマネージメントする際にこそ、DAOという組織形態が機能するとも言えます。

NFTコレクターズDAOによる市場活性化

アメリカを中心にNFT市場を活性化させる一躍を担っているのがシンプルなビジョンを掲げたコレクターズDAOの存在です。まずは、代表的なプレイヤーを紹介します。

Flamingo DAO

NFTをメンバーで共同保有することを目的としている組織です。メンバー投票のよって、どのNFTを購入するのか、保有しているNFTをどのように活用していくのか?を決定します。

--

--

TNZ NFT DAO

TNZ NFT DAO

「TENNOZ TOKYO-東京 天王洲エリア」を中心に、クリエイティブやマーケティングに携わるプロフェッショナルな人材が協調し、NFTプロジェクトの企画開発、国内外マーケティングによって表現者のプロジェクト支援・育成を目的とした活動団体です。

Following