ただ書き続けろ — 映画「小説家を見つけたら」

「小説家を見つけたら(原題:Finding Forrester)」という映画がある。

スラムに生まれた青年と世俗から離れた伝説的小説家が出会ったことで、青年は小説の才能を開花させ、小説家はもう一度世界と向き合うようになる話だ。

音楽やショーンコネリー扮する小説家Forresterがいい味を出していてお気に入りの一作だが、その中でもある1シーンが特に印象的で文章を書くときにいつも頭をよぎる。

それは、主人公の青年Jamalが初めて小説を書く指導をForresterに受けるシーン。

タイプライターを持ち出しいきなり叩き始めるForrester。

Jamal が戸惑って何をやっているのか聞くと「書いてるんだ」と答えます。そして書く内容を考えるJamalにこういうのです。

「No. No thinking .That comes later.You write your first draft with your heart. Then you re-write with your head.The first key to writing is to write, not to think.

考えるな。それはあとだ。最初の原稿は自分の心で書く。そのあと頭で書き直す。書くための最初のステップは”書くこと”だ、考えることじゃない。」

ブログを書こうとすると、何を書こうか、どんなことをが受けるか、といろいろと考える。

でも、この言葉が浮かんできて思い直す。

「違う、まずは書かなきゃ。」

だから、まずは書くことから。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.