「なりたい自分」への逃避 — 海外ドラマを見る理由

海外ドラマが好きだ。特に女性が主人公のもの。

もちろん男性が主人公のものも好きだけど、同性(女性)を見るのはそのキャラクターに「ああ、こうなれたらいいのに」という部分を探すからだ。

そして気に入ったキャラクターがいるとそのシリーズを見まくる。
容姿はもちろん、人間性も。

多分、多くの人が雑誌を見るのと似ているんだろう。ロールモデルを探す感覚にも近い。

だけど、そろそろ認めるべきだ。これは逃避の要素を含んでいる、と。

見終わると冷ややかな現実が戻って来る。

ダイエットという言葉を人生の半分以上考えている自分。太りすぎて、良いサイズで服を買えない自分。いざという時に問題を解決できない自分。

ドラマは見てインスピレーションになるが、解決策にはならない。だから、認めて動かなければ。

このドラマが逃避ではなくて、きっかけになるように。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.