鮮烈な紅い花が素敵な、四季咲きの薔薇、ビクトルユーゴです。

http://www.pt-hamamoto.biz/index.php?QBlog-20160605–1


おはようございます。

梅雨の走りらしい、晴れてもいない、雨でもない、素敵な天気の夜明けになりました。

今日も穏やかないい日になりそうですね!^^


今日6月5日は、

☆環境の日,世界環境デー(World Environment Day)

1972年12月の国連総会で制定。国際デーの一つ。

1972年のこの日、ストックホルムで開催された国連人間環境会議で「人間環境宣言」が採択され、国連環境計画(UNEP)が誕生した。

国連では、日本の提案によりこの日を「世界環境デー」と定め、日本では1993年に「環境基本法」で「環境の日」と定められた。

事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意慾を高める日。世界各国でも、この日に環境保全の重要性を認識し、行動の契機とするため様々な行事が行われている。

☆芒種(ぼうしゅ)

二十四節気の1つ。太陽の黄経が75度の時で、芒(のぎ)を持った植物の種をまく頃。

☆落語の日

落語家の春風亭正朝が制定。

六(ろく)五(ご)で「らくご」の語呂合せ。

☆ろうごの日

神戸市老人福祉施設連盟が制定。

六(ろう)五(ご)で「ろうご」(老後)の語呂合せ。

☆県祭り(京都府宇治市)

縣神社の例祭。

深夜「梵天」と呼ばれる祭具を男性が担ぐ。

☆憲法記念日(デンマーク)

1849年に新憲法を採択し立憲君主制に移行した日であり、1953年に現憲法が採択された日。

☆インド人到達の日(スリナム)

☆共和国大統領の誕生日(赤道ギニア)

1979年から事実上の独裁体制をしいている第2代大統領テオドロ・オビアン・ンゲマの誕生日。


今日の誕生花は、

☆金盞花(きんせんか)マリーゴールド

☆ダリア

☆朱鷺草(ときそう)

☆石楠花(しゃくなげ)

☆トリトニア

☆面高(おもだか)

☆蛍袋(ほたるぶくろ)


四季咲きの薔薇(ばら)ビクトルユーゴ

この子も今年初めて花を見せてくれました。

真紅という表現になるのでしょうか、鮮やかで深みのある紅色が、とても素敵です。

芳香賞を受賞したことがあるという香りも、とても素敵ですね。

花水木の下にいて、少し開花が遅くなったようですが、四季咲きの子ですから、今年は楽しませてもらえそうで楽しみです。


赤い薔薇の花言葉は、

「愛情」「情熱」「熱烈な恋」

「美」「あなたを愛します」「私を射止めて」

「貞節」「模範的」「模範」「美貌」

「無垢で愛らしい」「ロマンス」「I love you」

☆緋色「灼熱の恋」「情事」「陰謀」

☆紅色「死ぬほど恋い焦がれています」「深紅」「感嘆」「熱烈な愛」

☆淡紅「光輝」「愛の誓い」

☆濃紅色「恥ずかしさ」「内気」

☆黒赤色「決して滅びることのない愛」「永遠の愛」

「死ぬまで憎みます」「化けて出ますよ」

☆朱赤「愛情」


芽吹き、飛躍のタイミングは自然に委ねていくことだ!そういう環境を創造していこう!

今日は芒種(ぼうしゅ)で、稲や麦などの芒(のぎ)をもつ穀物の種子を蒔く時期とされていますが。

本来発芽などのタイミングは、自然に委ねていくことが、最も強く、しなやかなで美しい、存在を創りあげることになります。

零れ種子で育った子たちが、とても逞しく育っていく様子を見ても、これは明らかなことですね。

どんなタイミングで蒔かれても、植物たちは、芽吹き育ちますが、種子を蒔くにしても、自然のリズムにできるだけ合わせて、蒔いていくことが大切です。


人間の能力などの芽吹き、生育にも、タイミングがあります。

ここには、あまり人間の思考は、介在させない方がいいでしょう。

いつ発芽しても、飛躍してもいいように、準備、チャレンジしておくことですね。

そうすれば、最適なタイミングで、自然が芽吹かせ、飛躍させてくれます。


どうぞ、今日も、芽吹かせよう、成長させようと、躍起になることなく、いつそのタイミングが訪れてもいいように、種子を蒔き続け、準備し続けてください。

種子を蒔かなければ、芽が出てくることはありません。

そして、種子さえ蒔かなくていいように、自然の循環が保てる環境を、創造していってください。

あらゆるタイミングも、創造の根源も、自然に沿わせていくこと。

これを実践していけば、自然界の大きな恵みを、受け取れることになりますね。

芽吹き、飛躍のタイミングに、今日にも遭遇できるかもしれない楽しみが待っていますよ。

今日の素晴らしさも存分に味わってください。


Like what you read? Give 浜本哲治 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.