映画の食べ物って美味しそうでさ

ゲーム的なネタをついウッカリ深夜に書いてしまったので、箸休めに食べたいものネタにしようと思った矢先に見つけてしまった「ほぼ日刊イトイ新聞」でのザッハトルテ通販。
 ………
 ……
 …
 なんと予約開始が12日の11時から!! ここ数年は見事にスルーしてしまっているので今回はしっかりとゲットしたいところ。
 ザッハトルテとは、小麦粉、バター、砂糖、卵、チョコレートなどで作った生地を焼いてチョコレート味のバターケーキを作り、アンズのジャムを塗った後に、表面全体を溶かしチョコレート入りのフォンダン(糖衣)でコーティングする……チョコレートケーキの王様とも称されています(by wiki)
 濃厚なチョコの味を味わった口を後から感じるジャムがサッパリとしてくれる……美味しいんですよ、ここのザッハトルテ。限定700個らしいのでちょっと頑張ります(๑•̀д•́๑)キリッ

— —

そんな告知を見つけた数時間前、HDDに溜まっていた番組とか映画を消化しているときに観てしまった映画「シェフ」。
 ネット炎上から人生転落して、一流レストランからキューバサンドの屋台主人となって旅をしながら人生見つめ直すロードムービー。

それが、もう美味しそうで美味しそうで(笑)どんなものかというと、コッペパンにも似たローフパンの表面にバターを塗ってハム、ローストポーク、チーズ、ピクルス、マスタードなどを挟んで、パニーニのようにプレスしたもの。キューバサンドというだけあって、キューバのソウルフード。1860年ぐらいから労働者階級で日常的な昼食として振る舞われていたようで、正確な起源が不明。産業の衰退や相次ぐ亡命などでこのレシピは広がっていたらしい。

どうやら、サラミを入れるか入れないかで伝統を重んじる人とは揉めるらしい。

渋谷のランチタイム時に食べられるお店があるみたいなので、近々行ってみたい!!


Originally published at 居眠りの街.

Like what you read? Give 思考/D2@POMERANIan a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.