お役所以外での続きとか.

今回はお役所以外での手続きや,契約したサービスなんかのお話をしようと思っています.

・作ったもの

・一般的に必要であろうサービス

・僕らの会社として必要だと思うサービス

の順で.

作ったもの

ロゴと名刺とウェブサイトを作りました.当初ロゴを作るつもりはなかったのですが,知り合いに素敵なデザイナーがいたのでお願いすることに.

設立時は色々とお金が必要ですので,正直必須ではないと思いますが,僕は作ってよかったなと感じています.

色々と感情が高まりますし,そういった気持の部分も大事だと思うので.

ここらへんは今後の売上予測や,経営者の方の思想含めた判断になるのかなと思います.

一般的に必要であろうサービス

まずは会社として給与,報酬の振込や売上を管理するのに銀行口座が必要となりますよね.また,最近は色々なサービスを利用するのにクレジットカードが必要なケースがほとんどです.

と,いうわけで,銀行口座とコーポレートカードの申し込みをしました.

・みずほ銀行

→ 何も信用がない状態で都市銀行の口座開設ができるのか不安でしたが,だめもとでとりあえず申し込みをしてみました.

最近は振込詐欺なんか含めた犯罪に,法人口座が利用されるケースが多く,審査が厳しくなっているみたいです.

三菱東京UFJは一番審査が厳しいと風の噂で聞いていたのと,自宅から近いところにあるという理由でみずほにしました.近いと何かと便利ですからね.

まずは申し込みにいきます.1周間ほどして審査結果の電話連絡がきます.その後窓口にて契約となります.

法人として契約するのは当然初めてなので,衝撃的だったのがキャッシュカード作るのにもお金がかかります.1000円程度ですね.またWebから振込等する為の機能も毎月2000円程度かかります.

・三井住友ビジネスカード

→ 主に1枚目の年会費や2枚目以降の年会費を中心に比較検討した結果三井住友ビジネスカードを選択しました.ちなみに年会費は1250円です.

そして,こちらも当然設立したばかりで信用なんかあるわけないです.審査にあたり,担当者から電話がありました.その時に聞かれたことは下記となります.

# 今更ですが主な業務はシステム開発です.SIerと言われるやつですね.ここらへんについてはまた後日.

・システム開発とは具体的に何をやっているのか?商品名は?

→ お客様によるので守秘義務に違反しない範囲で回答しました.

・今期の売上予想はどの程度なのか?

→ こちらも正直に伝えました.単純に契約単価*12月まで*2名分は最低の予測としていると.

・利用目的とだいたいの利用予定額はどの程度か?

→ 基本的には後述するウェブサービスの支払い,後はパートナーとの会議費,接待費と,いったところでしょう.どんなに多くても月に10万円を超えることはなさそうだと伝えました.

後日カードが送られてきて月の限度額が20万に設定されていました.審査が通ってよかったなぁとホッとしました.

僕らの会社に必要だったサービス

また,僕らの会社が利用している有料サービスは以下となります.

・Bizer

→ これがなければ設立手続きもだいぶ迷走したと思います.その他,例えば新規に正社員を雇用する場合など,ケース毎に必要な手続きを教えてもらい,整理できます.また別途料金とはなりますが,就業規則作成や,決算のサービスもありますので,引き続き利用していくことになると思います.最近は補助金申請のお知らせなんかもしてもらえます.

・Google Apps For Work

→ なんだかんだいってGmailとGoole Calendar,Driveが便利なので.

・Money Forward

→ freeeと迷ったのですが,パートナーいわく「融通が効かなかった」ということでMoney Forwardにしました.

こちらも別途料金かかりますがMFクラウド請求書というサービスも利用しています.

以下開発寄りのサービスです.一般的なものですね.ちょっと贅沢しているかな?と思うのがqiita teamですかね.

・Github Private Repository

→ 自社サービスを開発するにあたり.

・qiita team

→ コミュニケーションはSlackを,Todoなんかはtrelloを利用しているのですが,色々情報の集約に利用しています.qiitaと違い,内部でのみ利用できるので,技術的な事以外でも投稿できるのでおすすめ.

・AWSやDigitalOceanなど

今後加入等検討しているもの

今は不要だけ今後必要になりそうなもの,今は条件を満たせないけど今後加入したいと思っているもの.

・経営セーフティ共済

→ これは取引先が倒産した際に保証される為の保険みたいなものです.が,どうやら,加入企業のほとんどは節税対策として考えているようです.

・ITS

→ 以前在籍していた会社が加入していました.福利厚生等非常に充実した内容ですので,加入条件をみたした際には是非加入したいところです.

・助成金申請補助サービス

→ 色々なサービスが存在します.価格にもよりますが,社員を数名雇用する状況になりそうになった際に検討しようかと思っています.

次回はちょっとポエムっぽくなりそうですが,何故会社をつくろうと思ったのか.や,会社を作ってやっていきたいこと,特にやりたいとは思っていないことなどをお伝えできればと思っています.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.