ドローンが配膳してくれるバーtimbre@substation

timbreはミュージックバーで、シンガポール市内にある。Bugisから歩いても5分強くらいのとこにあった。

天井はなく、野外にバーカウンターとステージが組んである。座席は60席くらいだろうか。ステージの前にはスペースが空いていて、踊れるようになっている。

実際、ドローンで配膳する準備は万端だったのかもしれない。各テーブルにはiPadが置いてありドリンクの注文はiPadで行う。

もしくはバーカウンターで頼むわけだか注文、ドリンクつくる、支払い、釣りまでがいちいち遅い。混んでたから仕方がないのかもしれない。とはいえキャッシュオンの店でこの手際はマズイだろう。

せめてドリンク運搬だけでもドローンがやってくれたら店もいい感じで回るかもしれない。

では実際ドローンが飛んでいるかというと、まだであった。とんでいるのは夏の虫。あるいは観光客っぽい白人。そしてシンガポールローカルな人たちである。

この日はGoodfellasというバンドが70sソウルから今年のヒットソングまで、ほとんどMCなしで演奏する、NEON NIGHTというイベントの日だった。ABBAのダンシングクイーン、a-haのTake On Meは白人にウケ、Aviciiはみんな大好きな模様。

http://youtu.be/IcrbM1l_BoI

そしてふと見上げると窓には飛ばないドローンが。

いたーーーーーー!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.