Critical Engineering Manifesto翻訳

0. クリティカルエンジニアはエンジニアリングは私たちの時間、私たちの動き方、そしてコミュニケーションや考えかたを最も変形させたり整えたりする言語だと考えます。この言語を学び、開拓し、その影響を晒すことはクリティカルエンジニアの働きです。

  1. クリティカルエンジニアはどんなテクノロジーも脅威と挑戦の上に成り立っていると考えます。テクノロジーに大きく依存するには深く勉強し、その内部の仕組を、法規定や所有権に関わらず、公開する必要があります。
  2. クリティカルエンジニアは、各技術の進歩で私たちのテクノ-ポリティカルリテラシーが挑戦されているという意識を持ちます。
  3. クリティカルエンジニアはリッチなユーザエクスペリエンスの疑いを駆り立て、解体します。
  4. クリティカルエンジニアは影響の方法と彼らの具体的な効果を決定するために、「実装への恐怖」を超えて見ます。
  5. クリティカルエンジニアは各エンジニアリングのしごとにおいてエンジニア自体がそのユーザであり、それがユーザの依存性に比例することを認めます。
  6. クリティカルエンジニアは「機械」をデバイス、身体、薬剤、力とネットワークを包含する相互関係を説明するために展開します。
  7. クリティカルエンジニアはテクノロジーの生産と消費の間を観察します。この空間を人族に変えるために、クリティカルエンジニアは不均衡や欺瞞の時を公開することに尽くします。
  8. クリティカルエンジニアは、アート、建築、行動、哲学そして発明の歴史を見て、クリティカルエンジニアリングの模範となる働きを見出します。これらの分野からの戦略やアイデア、議題は採用され、再び目的化され再展開されます。
  9. クリティカルエンジニアは、書かれたコードが社会と心理的なレルムに広がり、機械と人々が対話する振る舞いを規定することに注意します。これを理解することによって、クリティカルエンジニアは、デジタルの発掘をとおて、ユーザの制約と社会的行動を再構築しようとします。
  10. クリティカルエンジニアは功績が最も理想的な公開の形であると考えます。
One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.