CENNZnet 2020 一年の振り返り

2度のロックダウンを含む不安定な世界にもかわらず、セントラリティチームと当社のベンチャー企業は、変化するビジネス環境に迅速に適応してきました。懸命に働き、将来を見据えて、チームは私たちのロードマップに命を吹き込み続けています。 Kiwiの夏休みに向けて、この12ヶ月間に達成したマイルストーンを振り返ってみたいと思います。 Grant DAO’s CENNZnetのコミュニティオーナーシップへのコミットメントに沿って、オープンソースコミュニティのためにいくつかのエキサイティングなGrant DAOの機会をオープンにしました。 長期的なビジョンとしては、Centralityが研究とビジョンに貢献し、コミュニティやベンチャーが徐々に実装を行う責任を負うという、Bitcoin Coreに近いモデルに移行していく予定です。 この目標と共に、私たちは2つのエキサイティングなプロジェクトを成功させることができました。:

CENNZnet 2020 一年の振り返り
CENNZnet 2020 一年の振り返り

10月ニュースレター

最高経営責任者のAaron McDonald氏が、この1カ月間の主な進展を共有いたします。Centralityのエコシステムの進展に関する最新情報を得るには、TwitterおよびTelegram Announcementsチャンネルをフォローし、CentralityのOfficial Telegram、Instagram、Reddit、およびFacebookのコミュニティに参加してください。 今月もまた、セントラリティベンチャーにとって忙しい月でした。 CENNZnet、Centrapay、Sylo、Trackback、CentraPass、CarbonClickの最新情報です。 CENNZnet CENNZnetのトークンスワップコントラクトは正式にクローズしました。私たちの献身的なコミュニティのおかげで、移行コントラクトには8億3100万以上のCENNZが送られ、大成功を収めました! チームは現在、新しいCENNZnetネイティブトークンのミンティング作業や、取引所の移行作業に取り組んでいます。このプロセスは非常に順調に進んでおり、私たちは、取引所がスムーズでシームレスな移行を実現することができるように注力しています。取引所が新しい取引ペアを追加した後、トークン保有者への公式な返却日を発表することができるようになります。

10月ニュースレター
10月ニュースレター