全国の空港にストレッチャーやリフトを置いたら幾らかかるかの話

面倒なのでざっくりと

会社管理空港 4箇所

国管理空港 19箇所

特定地方管理空港 5箇所

地方管理空港 54箇所

その他の空港 11箇所

※.定期旅客便が存在するのは調布、名古屋、但馬、天草、薩摩硫黄島5箇所のみ

共用飛行場 8箇所

計 95箇所

階段昇降可能なストレッチャーが1台30万円、動力付きのリフトが1台900万円としてストレッチャーの合計が2850万円、リフトの合計が8億5千5百万円。

装備の値段×95箇所で出してるけれど、全ての便がポーティングブリッジ使うからストレッチャーもリフトも要らない空港もあるだろうし、リフトが使えないような小型の機材しか運用してない空港もあるだろうから、この数字は予想される最大値だと思ってちょうだい。全国くまなく肢体障害者用の装備を空港に持たせてもこれだけで済むのな。