或る自称思想家について思うこと

Twitterに書いたのをまとめてリライトしました

東浩紀が社会について述べる言葉が空疎なのは、福島第一原子力発電所事故で現実世界(社会)が自分や家族に害を為し得るって初めて気づいて、自分がこれまで生きた時代の現代史を学び始めて、体感を伴わない知識として述べてるからだと日本賛美の若者云々で気づいたよ。

奴が20歳の時にバブルやソビエト連邦が崩壊するんだけど、あれらが報じられるのをリアルタイムで経験した風な様子が全く見えない。団塊Jr. 以降でシソー(笑)とか言ってる連中に共通するのだけど、新聞やTVの為替情報の毎日下がる数字を見て、この先どうなるのかと言う底知れない恐怖や ソ連が崩壊してある日突然頭の上に核弾頭が降って来る事は当面無いんだと言う開放感を感じた事のある人間の言葉には見えないんだ。

例のダークツーリズムもそうでTMI事故に実感が無いのは当時8歳だから仕方ないとしてもチェルノブイリ事故は86年で15歳の頃だろう。なのに福島の事故の後にその事を知っ たのが言葉のあちこちからこぼれ出てるんだよな。

何時頃までかは判らないけど奴はTVのニュースを見る事はおろか新聞読む事も大学生の頃に確実にしてなかったと思うぜ。学徒の幼年~青年期として悪くは無いと思うけれど、それならそれでずっと抽象的な事だけ考えていれば良い物を付け焼き刃の知識で現実 社会についてコミットしないで欲しいなと考えるんだ。的外れに陥る(実際ダークツーリズム云々とかな)だろうし大いに周囲に迷惑をかけるだろうから。