ブレーキはスムーズに前進するための機能

以前より、勢いで前進できなくなって、それを、残念に思う自分がいる。考えずに、思い立ったら即行動が、最近はもうできなくなっちゃったなあ、年だろうか、トラウマだろうか、と思う。

同時に、止まる、留まる、減速するということを、自分は否定的に見てきたんだなあ、と、その単純な思考に気づく。

進む=いい。止まる=悪い。という二元的価値観。

車のパーツを個別に見れば、アクセルは進むため、ブレーキは止まるため、ハンドルは曲がるための機能だ。

それらを統合して、車の全体としての目的は、はやく賢くラクに進むことだ。アクセルだけしかなかったら、上手くいかない。だから、視点を変えれば、ブレーキもハンドルも、究極的には「進むため」のものだ。

自分がブレーキを踏むことも、経験から来る賢さとして、承認、尊重、奨励したい。アクセル、ブレーキ、ハンドル、全部使いこなして、進んでいきたい。

と、ここまで書いたところで、それはそうだが、より根本的な問題は、Fuel 燃料不足なのでは、と気付いた。次回に続く。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Akiko N’s story.