障害者とセクシュアリティ:フランス協会は、介護者のセックスのためのトレーニングコースを開催する

フランスでの性的介護者について議論があり、今年3月、障害者に性的支援をアルザスで最初のトレーニングコースを開催し、関連を復活させることを決定し、マントファウル法的枠組みの下で、今日トレーニングをした。

公式に述べた目的により、フランスで最初に提示したこのトレーニング・セッションは、3月12〜15 南エルスタン(バラン)から、性的付随(Appas)の推進のために協会が主催されている。金曜日、ストラスブールはアルザスからの最新情報のニュースを確認し、AFP社長マルセル・ナスが述べた。

その活動がフランスでは正式に認識されないと売春と同一視することができる。4日、将来の専門家については、法的・倫理的、ジェスチャーや理論的な知識を習得しなければならない。身体的または精神的障害者の親密さで作業する必要があった。

この点で:

ピクセル化されたセックスと結婚生活
 ・性行為が心臓発作を引き起こすことはない
 ・子どもの到着後に再接続するための4のヒント

11人の参加者たち— 男性8人と女性 3人— は徹底した選択の後、入院は性科学者、心理学者、弁護士、性的マッサージや元ドゥーラ(?)の専門家によって提供されるこのコースに参加する必要がある。

セックス介護者のための本当の状態について呼び出すために継続するおとりによると、問題は、フランスの政治的クラスと市民社会を分割し続けている。

フランスの法的観点からは、性的介護者は調達、売春、仲介、このタイプのサービスのために支払う。

ドイツ、スイス、オランダ、オーストリア、イタリア、スペインの留学では、専門職が認識され、良好な法的枠組みを楽しんだ、とAppasは回想する。

フランスでは、性的な付随も存在する。「それに、問題がマントの下で行われている」と、自身が重度障害のマルセル・ナスは言った。

「法律を要求する疑問の余地はない。私たちが今ほしいのは前例だ。私たちは公共の広場で本当の議論をしたい。このトレーニング・コースには、私たちが話をする必要がある」。訴訟との関連付けを公開することのリスクを想定するナスはそう言った。

「私たちが裁判官の前に行く場合、公開討論は本当に、私はまだ犯罪人などの有罪判決を受けれることはないだろう」と彼はコメントしている。

引用「性的な付随にフランコ・フランスの偽善を」マルセル・ナスは、「ライフスタイルの選択によって、大人の人数に余裕な人々のため、”尊敬する”性的ヘルパーを求めて、性的な付随を行うことに決めた」。

2013年3月に発表された通知では、国家諮問倫理委員会(CCNE)による、虐待の深刻なリスクに対処する、障害者の性的アシスタントに対して助言している。しかし、委員会はその後、患者のセクシュアリティに介護者の訓練や教育担当者を提唱した。

*出典