寄付と経済

寄付はお金の流れの中で重要な役割があります。経済活動を活性化させるには、物を買う購買行為。どちらも経済を活性化させるには欠かせません。とりわけ、アメリカは宗教的な観点から寄付が日常生活に根付いていることもあり、日本とは違う経済成長が見込めています。

子どもたちへ寄付をする

寄付文化を醸成するために必要なことはなんなのでしょうか?寄付は誰でも出来ます。ですが、お金に固執した人生を送っていると、誰のために使われるのかわからないものにお金をだすことは一切しなくなります。

現在、子どもの貧困問題が取り上げられていますが、アフリカや発展途上国のような貧困状態を想像しがちですが、容姿は普通でも食べているものや処遇、子どもたちの格差から貧困児童と呼ばれている子どもたちが6人に1人いると言われています。

このような状態を見て見ぬふりをすることで、将来の日本の経済状態はどんどん悪化します。さらに追い打ちをかけるように人口減少による少子高齢化社会が近い未来に必ず到来するのです。

少子化問題が騒がれている中でも、虐待・貧困・育児問題はどんどん拡大している。自分たちの将来への不安はもちろん、家族、そして子どもたちの事を考えると、どうしても不安が高まってしまいます。
お金をまわそう基金 では子供の 虐待問題 ・ 貧困問題 ・ 里親問題 などへの対策を「 慈善事業 」にとどまらず、「将来への投資」と位置づけて、継続的に分厚い支援をすることで未来の日本を支え、若い世代を育てること が お金をまわそう基金の目標 です。
子どもたちに寄り添い、本気で活動を行っているNPO・団体 等に対して助成支援を行い、寄付活動を通じて、子どもたちにしっかりと継続した支援をいたします。

子ども 寄付を定着させることで、日本の未来は必ず救うことが出来ます。そのためには、寄付財団の信頼度・信用性が問われてきます。多くの人から集まったあたたかいお金の贈り物を運営費や必要経費として差し引き、自分たちの私利私欲を満たすようなNPO団体や寄付財団への寄付はとても心が痛みます。寄付の透明性をしっかりと世の中に伝えて、クラウドファンディングの流行に乗るべく、寄付文化を日本で育てていきましょう