思考が行動を決めて、それが現実になるって理解しとったけど、どうやらそれは違うみたい。

「何を思考するのか」

それを決めているのは、何を前提として信じているのか。

たとえば「お金を稼ぐ」


お金を稼ぐことを考えた場合…

「ぼくはお金なんて稼げない」って思いながら、何を思考するのか。

「ぼくはお金が稼げる」って思いながら、何を思考するのか。

前者は、稼げないからこうしようって稼げない人のパターンになるし、

後者は、稼げるからこうしようって稼げる人のパターンになる。

よく成功者のマネをするってのがあるけど、表面だけをなぞっても無駄。

前者は稼げないって前提やねんから、疑いながらマネをする。
(疑っているから、マネしきれていない)

後者は稼げるって前提やねんから、信じ切ってマネをする。

この違いこそが思考の違いとなって、行動の違い、現実の違いとなっていく。

信じていることをぶっ壊す!


もし今の現実が、望むようなものでないのなら、それは信じていることがまちがっているってこと。

むしろ「望む」って時点で、その望みが「今の自分とはちがうこと」って前提に立っている。

まず【そう信じていた】からこそ求めていた、願望を捨ててみる。

そうではない自分=【ダメな自分・かわいそうな自分・無理して頑張らないといけない自分】を捨ててみる。

もっとも捨てるべき信じていることは、罪悪感。


ぼくも昔は罪悪感だらけだったような気がする。

・迷惑かけてへんかな?

・これを言ったら嫌われるかな?

・こんなことしてもらって申し訳ない。

けどね、そんな罪悪感なんて自分がかってに感じてるだけの思い込みなんよ。

今のぼくは、

  • 迷惑なんて気にしないで、やりたいって思ったらやっちゃってる
  • 相手がどう思うかとか関係なく、おもろいと思ったことは口に出す
  • なにかしてもらってもお返しなんてしないし、ただ喜ぶだけ

そんな感じやけど、とくに誰からも文句言われない笑

それどころか「自分勝手な人」「馴れ馴れしい人」「サボる人」っていうレッテルを相手から、笑顔で直接ぼくにはってきてくれる笑

このレッテル、陰口としてビビってる人多いやろ?

せやけど、堂々とそのレッテルを貼ってもらったら「そういう人だから」って感じでめっちゃ楽やで笑

【それは罪だ】って自分がかってに思ってるだけで、
実際にそうであっても【罪ではない】ってこと。

罪ではないんやから、自分がかってに思い込んでいるその罪を、自ら犯してみればいい。

迷惑をかけろ!


もっともポピュラーな【罪】は【迷惑をかける】ことやと思う。

それは言い換えるなら【弱みを克服しようとする】ことになる。

迷惑をかけたらアカン!
弱みは弱みのままじゃアカン!

そう信じてるから自分を否定してしまう。
そこから生じる思考なんて【不安】以外のなんでもないやろ笑

自分がかってに作り出した不安を潰そうと、問題化してそれを解決する余計な動きをしてかってに忙しくなって、かってに頭がパンクして、かってに潰れる。

それがなによりの迷惑やし、それが一番弱いでしょ笑

そうやって人が入り込める隙間を自分で潰しちゃうから、誰も助けてくれないで辛い現実になってるってことに早く気づいて!笑

自分が作り出した辛い現実のくせに、人のせいにして拗ねてるから人が離れていくってことに早く気づいて!笑

自分を見てるつもりで実は自分のことを否定ばっかりして、否定ばっかりしてるから他者を気にして他者ばっかりを見て、そうやってかってに拗ねるのもう終わりにしたら?

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.