こんな「ほぼ日手帳 カズン avec」が欲しい

使い先の決まらぬまま、モノの良さに惹かれてついついほぼ日手帳 weeks ナイトスカイを衝動買いしてしまった。
 あれこれいじるうちに、こんな外装のほぼ日手帳 カズン avecが欲しいなぁ…と思うようになった。

どうせ薄いなら裸族で

オールマイティな全部入りでA5サイズでたっぷり書けて、それでいて厚さは僅か1㎝。
 それならば、すっきりと裸族で使いたい。
 カバーの楽しみもあるけれど、かさばりを生み、「書く」という時にも邪魔になるカバーは取っ払って、すっきりしゃっきり使いたい。
 しかし、そんな使い方には表紙がちょっとそぐわない。

デザインと材質

デザインが悪いとは思わない。
 ほぼ日っぽいデザインで、らしさを感じるのだけれど、いかんせん、こちとらいい年をした外装は間違いなく大人にジャンル分けされるオトコ。
 そうなると、あちこちで人様の目にさらして使うには、ちょいとばかし遠慮がいる。

材質も裸族で使うには、少しばかり弱さを感じる。
 avecだから半年しか使わないとはいえ、使い続けるには耐久性に不安を感じてしまう。
 以前、オリジナルを裸族で使った時には、短期間でかわいそうな外見になってしまった。

ほぼ日手帳 weeks ナイトスカイの外装を

そうしてほぼ日手帳 weeks ナイトスカイの外装を見て見ると、これを転用すれば裸族でガンガン使っていけそうだ。
 薄くて硬い表紙は、書きやすさと一定の耐久性を約束してくれそうだ。
 そして、この落ち着いてシンプルなデザインは、いい年をした大人のオトコが、あちこちに持ち歩いてもアレコレ言われなさそうだ。
 weeksもavecも、厚みは同じ1cm。
 いま手元にある、ほぼ日手帳 weeks ナイトスカイがそのままA5サイズに拡がると思うと使い勝手もイメージできる。
 カバンの中でもおとなしくしてくれそうだ。

そもそもなぜカズン?

「そもそもweeksを衝動買いしたばかりで、なぜカズンの話をしているの?」
 と言われれば全くその通り。
 しかし、使い道の決まらぬままほぼ日手帳 weeks ナイトスカイをいじくるうちに、自分にはカズンがあるといいのかもと思うようになったのだ。

ユビキタス・キャプチャーのまとめ先として

現在は、iPhoneにメモったり測量野帳に書きなぐったりしながら、ユビキタス・キャプチャーをやっている。
 ユビキタス・キャプチャーといっても、正式な流儀は把握していないまま、書きたいことを書きたいまま書いているインチキなやり方だ。
 「ほぼユビキタス・キャプチャー」(HUC)と勝手に名付けたその方法で取られたメモは、どうしようもないくらいくだらないものと、どうしても忘れたくないことが、混在しながらiPhoneとヤチョーに散らばり埋もれている。
 1日の終わりにそれらを振り返り、まとめておけるページが欲しくなったのだ。

月間ブロックカレンダーという周辺地図

1日のまとめページだけなら、ブランクのノートや測量野帳でもいいのかもしれない。
 しかし、僕はどうにも月間ブロックカレンダーというものが手離せない。
 そのフォーマットで詳細なスケジュールを管理しているわけではない。
 逆にブランクのままのマスもたくさんある。
 じゃあ何をしているかといえば、一ヶ月というご近所の周辺地図をドローンから眺めて、自分がいま立っているところを確認したいのだ。
 どうせ月間ブロックカレンダーとノートを買うのなら、それ一冊でまとめてもいいんじゃないかと思ったのだ。

週間バーチカルという大人の時間割

さらにカズンにはバーチカルの週間ダイアリーがついてくる。
 今年からavecにもついてくるようになった。
 週間バーチカルは本当に便利で、アクションプランナーには本当にお世話になった。
 バリバリやっているころは欠かせない相棒であり、バリバリやらなくなってしまってその余白に耐えられなくなりお別れすることになってしまったが…
 週間バーチカルの良さは、その視認性にある。
 一週間の埋まっているコマと余白を、ぱっと掴める。
 さらに、時間軸が決まっていることでアポの記入がしやすいのだ。
 ブランクのカレンダーだと、その前とその後のスケジュールのどちらが今後埋まっていくかわからずに躊躇することがある。
 えいや!で書いてしまうと後がアンバランスになって困ってしまったり…

人生の余白がこわくなってアクションプランナーから背を向けていたけれど、ばりばりやっていないならいないなりの僕の一週間があるはずだ。
 それはきっと、余白だらけではないと信じたい。
 それなりの大人の時間割をこしらえられればいい!
 そう決意して、再びアクションプランナーを手に取ろうとした矢先、avecに週間バーチカルが加わることを知った。
 それならば、avec一冊でまかなえる。

そのようにして、ほぼ日手帳 weeks ナイトスカイの外装をまとったカズンのavecがベストだ!と思った矢先、「最強のほぼ日手帳 weeks avec」を思いついてしまった。
 それについては、次の記事で。
 see you soon !

ほぼ日手帳 2017 weeks カラーズ・ナイトスカイ(1月始まり) ウィークリー

ほぼ日手帳 2017 weeks カラーズ・ナイトスカイ(1月始まり) ウィークリー

posted with amazlet at 16.12.15

東京糸井重里事務所 (2016–09–01)
 売り上げランキング: 1,208

Amazon.co.jpで詳細を見る


Originally published at COCOLO CHRONICLE.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.