TwitterのDMボタンをブログに配置する方法

Twitterが、Webサイトに貼れる「メッセージボタン」の提供を開始。
 訪問者はこのボタンをポチッと押すだけで、サイトの管理者にTwitterのダイレクトメッセージ(DM)を送れる。
 というわけで、早速このブログにも配置してみた。

方法は簡単

こちらのサイトで、埋め込みコードを取得すればいい。
 注意点をひとつだけ。

「@username」と「ユーザーID」の両方を入力すること

Twitter_Message_Button_ダイアログ

片方の入力だけではエラーが出てうまくいかなかったが、両方の項目を入力することで、無事にコードが取得できた。
 自分の「ユーザーID」は、設定のTwitterデータの項目に「@username」と併記してあるので、すぐに確認できる。

Twitterデータ

ボタンのカスタマイズも可能

2点だけカスタマイズが可能になっている。
 ボタンに「@username」を併記するかどうかと、ボタンのサイズ。
 このあたりは、お好みでどうぞ。

Twitter_Message_Button_カスタマイズ

出来上がったら、配置したい場所にコードを張り付ければ完了!

メールアドレスの公開よりも気楽

どうせメッセージがくることもないだろうと、これまでプロフィールにメールアドレスを公開することはしていなかった。
 代わりにコンタクトページをこさえて、そちらからメッセージを受け取るようにしていた。
 しかし、仕組み上、入力者は自分のメールアドレスを入力しなければならなかった。
 僕がメールアドレスを公開することに若干の戸惑いがあったように、コンタクトを取ろうとするお方も自分のメールアドレスを入力することには抵抗があったんじゃないだろうか。
 まして、プロフィールを見れば、何かの骨であることは間違いないだろうが、どこの馬の骨だかわからない管理人。
 そうした男に、メールアドレスを収集されるなんて…
 しかし、TwitterのDMでのやり取りなら、そうした不安も解消できる。
 Twitterでは、簡単にブロックできるという裏付けのおかげで、気楽にコンタクトを取れるんじゃないだろうか。

せっかくDMが自由にやり取りできるようになったのだから、もう少し世の中に一般化すればいいなぁ…
 と思っていたら、TwitterはDM機能を単独アプリにする可能性もあるらしい。

Twitterはダイレクト・メッセージ機能をアプリとして独立させるべきだという意見も強い。これは今のところ実現していないが、re/codeの記事によれば、Twitterの社内でも支持する意見があるという。

情報源: Twitter、iOSとAndroidアプリにDMボタンを追加―ワンタップで公開ツイートを特定の相手と共有できる | TechCrunch Japan

リスクなく、気兼ねなく、自由にメッセージがやり取りできるようになるといいよね。
 というわけで、僕へのメッセージもお気軽に。
 ただし、リプライの質は保証されていないので、面白くない返信が返ってくる可能性だけはご理解を…


Originally published at COCOLO CHRONICLE.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.