6. Vagrant 環境のコピー

先日、自分の管理しているVagrant環境を別のPCに入れる・・・という作業が必要になりました。

それぞれのVagrant 環境のフォルダに移動して vagrant box package コマンドでパッケージを作り、そのフォルダにある必要なファイル群を新規環境のPCにコピーします。

WEBの開発環境として使用していたので巨大なHTML、画像ファイル群が3サイトほどあったのでかなり時間がかかりましたが転送完了。

さっそく、vagrantとVirtualBoxをインストール

どうも正常に立ち上がっているみたいですが、ブラウザからアクセスできない。

なぜ?

2〜3時間調べてみましたが、原因不明。

IPアドレスではアクセス可能なのでhostsが書き換わっていないという想像はついたのですがなんで書き換わらないのか全くわかりませんでした。

以前インストールしたときの資料を見ても全くわかりません。

その日は、そのまま諦めて明日やるか・・・ということに。

次の日、あらためてVagrantfileをぼーと眺めていました。

「config.vm.hostsname もちゃんと合ってるし。。。」

あれ!? Vagrant ってそもそもHostsを書き換える機能ついてたっけ?

そうです。プラグインが必要だったのです。

そう言えばインストールしたっけ?!

全く忘れておりました。

vagrant plugin install vagrant-hostsupdater

さっそくコマンドをターミナルに打ち込みまして無事サイトが表示されたのです。

もちろんHostsを手動で書き換えれば、ちゃんと表示されるのですが、それでは何な負けた気がして、ムキになってたのでだいぶ時間を無駄にしました。(^o^;)

インストールしたプラグインは記録しておいたほうがいいですね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.