成果物を作る!(2)

前回決めた流れに沿って、作成を行なっている。

段階1のデータベースは、以下のように構築した。

テーブルの構造
各テーブルのデータ

簡単にプログラムの流れを考える

・読み取るのは、itemsテーブル。
・新規で登録する時は、「アイテム名」「個数」「購入日」「リマインド期間」を選択する。
・購入履歴はhistoryテーブルに登録する。
・items>remind_dayは「購入日+リマインド期間」の結果を格納する。
・「アイテム名」を配列に格納して、再購入の場合はそこから選択。新規購入の場合「アイテム名」「link」「カテゴリ」を入力して購入。

まとめ

一段階のDBは比較的順調に出来た。(後で修正が必要だろうが…)
だが、ここからが本番だ。
次は、JavaでDBに接続して、setterで値を配列に格納すればいいのかな〜?
最終的にはHTMLでHPに表示できるようにしたいんだけどな。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated ずみ吉’s story.