ホームピーリングのすすめ(セラMDピーリングキット)

Image for post
Image for post

化粧水・美容液・クリーム…肌に栄養を入れることは勿論大事ですが、吸収しやすい土台作りもすごく重要。

Image for post
Image for post

余分な皮脂や角質を取り除いて、肌の再生(ターンオーバー)を促すピーリングの話を書いていきます。

ピーリングの種類

一口に「ピーリング」と言っても、ドラッグストア等店頭で購入できるものから医療用まで様々な種類があります。

①フルーツ酸・AHA・BHAタイプ(グリコール酸、サリチル酸、乳酸など)

皮膚科で行われるピーリングはこちら。

液体をブラシ又は手で塗布し、時間を置いてふき取りもしくは洗い流すもの。酸の濃度によっては皮が剥け、ダウンタイムがあります。

その他、スキンピールバー等石鹸状のものもあり。

Image for post
Image for post

②酵素タイプ

例)suisaiの酵素洗顔パウダーなど

Image for post
Image for post

③スクラブタイプ(ゴマージュタイプ)

スクラブはつぶつぶ(粒子)を転がす摩擦によって角質を取り、ゴマージュは皮膚に塗布したペースト等を時間を置いて半渇きにし、その後手でこするタイプのもの。

例)チューブ状の製品など(ロゼット、ニベアなど)

Image for post
Image for post

④その他(クレイ商品など)

皮脂や汚れを吸収するもので、角質を除去するものではありませんが、ピーリングと呼ばれることも。

例)クレイパック、ガスールなど

ピーリングで効果がでるシミ・ニキビ・毛穴の種類に関しては下記ブログがとっても詳しいのでご参考ください。

美容皮膚科でのピーリング

皮膚科では「①フルーツ酸・AHA・BHAタイプ」の中のグリコール酸・サリチル酸は多くの病院でも取り扱っていて効果的なピーリングです。

Image for post
Image for post

私も過去にクリニックでグリコール酸・サリチル酸・ダイヤモンドピーリング(機械で角質を削る)などを経験済。

皮膚科でのピーリングは薬剤の濃度が高いため、通院は1か月に1回で済むのですが、「面倒だし、お金もチリに積もれば・・・」「1週間皮剥けのダウンタイムがあるのもなぁ・・・」と思っていたので、グリコール酸ホームピーリングを購入しました。現在まで週に1回を4ヶ月続けています。(たまにさぼるけど!)

グリコール酸とサリチル酸

グリコール酸とサリチル酸の効果

・古く酸化した角質にしか反応しないため、必要な角質を残す。

・メラニンの生成を抑え、シミを改善。

・毛穴の皮脂づまりを取り除き、弾力が出てシワを軽減する。

グリコール酸とサリチル酸の違い

サリチル酸の方がグリコール酸より副作用は少なく使用頻度が少なく済みますが、強力なため素人では取扱いが難しいと言われています。

そのため、ホームピーリングをするには市販で販売されているグリコール酸ピーリングキットがおすすめ。

ネットではクリニックと同程度やそれ以上の濃度(20〜40%)のサリチル酸原液が売られていますが、刺激が強いためスキンケア用の安全なものが良いと思います。

(美容液はいいと思うんですけどね・・・ピーリングは酸で肌を溶かすものだから濃度が高い原液は素人には危ない気がします…)

でも、自宅でもクリニック並の効果は出したい!

ということで、グリコール酸もネットで色々な種類がありますが、ドクターズコスメセラコスメティックスル(セラMD)のピーリング液を選びました。

洗い流しタイプのピーリングで…

ブラシと計量カップがついています!(大事)

①計量カップで1回分の塗布量(1〜2mlで十分)を計り、ブラシをつかって顔に塗る。汚れが溜まりやすい小鼻のキワや眉間、顎は二度塗り。

目周り、傷口は避けてください。

Image for post
Image for post
Image for post
Image for post

②ピリピリとかゆいのを我慢して5〜10分待つ。

③冷水で洗顔。皮膚科でもピーリング後は冷たいタオルやアイスノンで冷やすことがあるので顔を冷やすことが大事。ぬるま湯やお湯でなく冷水で。

④通常のスキンケア(保湿大事!)

価格の比較

クリニックのピーリング

クリニックA

Image for post
Image for post

クリニックB

Image for post
Image for post

開きはありますが、5,000〜10,000円前後が相場。グリコール酸よりサリチル酸の方が高いところがほとんどです。

セラMD

Image for post
Image for post

4,644円。

25mlと少量ですが、1回の使用量は1〜2mlなので12回以上は使える。

毎週ピーリングしても3ヶ月は余裕!(酸の保管の問題上なるべく早めに使い切った方がよいかもしれませんが)

お得!!(笑)

注意事項

①とにかく保湿

ピーリングは、角質を取り除くことが目的ですが、その後の保湿が超重要です!

肌のバリア機能が弱り、ゴワついていますので、パックやクリーム、とにかく保湿してください。

②紫外線対策しっかり

ピーリング後の肌は丸裸。紫外線を浴びると炎症によりシミや色素沈着が起きます。

ピーリングはなるべく日に当たらない夜に、翌朝は日焼け止め必須です。

③パッチテスト

スキンケア用のホームピーリングといっても刺激の強い薬剤ですので、腕などに塗って様子を見てください。

ピーリング自体がある程度ピリピリっとしたかゆみは出るものだとは思いますが、季節の変わり目等は顔に塗ると大きな肌荒れに繋がる可能性もあります。

また、一度皮膚科で医師の診断のもとピーリングを受けてからホームピーリングに手を出すのもアリです。

④頻度

ツルツルっとなって嬉しいのですが、肌の回復を見ずに角質や皮脂を頻繁に取ると肌が弱くなり、炎症を起こす可能性があります。また、皮膚が薄くなり赤ら顔になるので注意。

使用方法の記載の通り、5〜7日に1回がベストです。

⑤ピーリングを避けるべき方

・敏感肌である

・妊娠・授乳中である

・ケロイド体質である

・イボ・ヘルペスなどウイルス性疾患が施術場所にある

・アスピリンアレルギーである

・強度の日焼けをしている

まとめ

もちろん皮膚科のピーリングの方が皮剥け後の肌の生まれ変わり感は強いのですが、通うと手間と費用を鑑みるとセラMDのホームピーリングは手軽で効果あり!

ニキビやザラつき、毛穴に悩んでる方はとっても合っていると思います。

翌日の肌の柔らかさとベースメイクの化粧ノリに感動します。

以前、家での角質ケアにはYONKAのゴマージュを使っていたのですが、こすると皮膚にダメージが出るためやはり液状の酸で角質を溶かすピーリングの方法が私には合っていました。(セラMDの方が放置時間が短いですし)

ホームピーリングはだいぶ「積極的美容」に分類されるものかと思いますが、計って塗る・・という皮膚科ごっこ(楽しい)ができるし、保湿を怠らなければザラつきゼロのつるっつるのタマゴ肌になるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

Image for post
Image for post

iherb商品ではないので、特に紹介のクーポンコードはないです。。。すみません。

===================

ブログお引越ししました。

今後はこちらで更新していきます。

Written by

Twitterアカウント @ashaca_beauteのチラ裏のさらに裏のブログです。 140字で書けないことを徒然と。 日本語/ English/ 한국어

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store