心の淵に立たされて


自分の中にすら逃げ場がない

ハート型のステージで逃げ惑うのもそろそろ疲れてしまって

宇宙みたいな野放途の空間にこの身を投げ出そうか


心臓の上に垂れた黒いインクが止まらない

滴る血に代わって体に満ちていく

鮮明な赤よりもずっとずっと重い黒

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.