澤乃井蔵開きに行ってきた

日本酒好きあっつまれー!

というわけで行ってきました。

年に一度のお楽しみ、

澤乃井蔵開き2016

http://www.sawanoi-sake.com/kuramoto/14177.html

於 小澤酒造(沢井駅より徒歩5分)

日時 2016/10/22(土)

今年のラインナップはこちらです。

利き酒チケット(1000円)に蟹印の御猪口がついてきます。

今年は蔵開き10周年だからか(?)

木枡もついてきました。

行列にならぶことしばし、いよいよ蔵内へ。

ぶれっぶれw

次から次へ流れていくのであまり立ち止まれないんです。

酔ってるからじゃありませんよ。


利き酒インプレッション

印象に残ったお酒の感想をいくつか。

③純米大辛口
正統派のザ・辛口。
口に含んだ瞬間にガツンときてピリッと辛く爽やか。

④純米吟醸蒼天
普段日本酒を飲まない人におすすめです。
軽くて飲みやすく香り豊か。
上善如水に近いですね。
くいくいいけちゃうので知らず知らず飲みすぎてしまいそう。

⑤東京蔵人
ワインみたい、というのが第一印象でした。
お米っぽい感じはあまりせず酸味がつよめでフルーティ。
 初めて生酛造りを飲んだんですが日本酒ぽくない不思議な味でした。
巫女の口噛み酒はこんな味かも!?

⑥大吟醸
正統派のザ・大吟醸。
吟醸香、舌触り、味、それに値段のバランスが良いです。
日常酒にも祝い酒にもなるオールマイティ選手ですね。

⑦芳醸参拾五
香り華やかで爽やかなお酒でした。
めっちゃ美味いパート1ですが日常酒にはとてもとても。
大事な人の大事な祝いの席で振る舞いたいですね。
結婚式とか。

⑧大吟醸 凰
めっちゃ美味いパート2。
うおおおおおおおうめええええええええええ。
ここまで結構飲んできて鼻センサーはかなり鈍ってるはずなんですが、
それでもわかる豊かな吟醸香。
舌触りはマイルドで情報量が多い立体的な味なんですが雑味は一切無い。
だがしかし味に比例してお値段も高いです。
ボーナス出た後に在庫が残ってたら買おう・・・。

⑩一番汲み
この時期しか飲めないフレッシュ感が溢れてます。

そして買って帰ったのもこちら。
蔵開きといえばやはりコレですね。


蔵開きはまた来年ですが、

利き酒処では常時10種類程のお酒が楽しめます。
(※種類により値段が異なります。)

澤乃井利き酒処 
http://www.sawanoi-sake.com/service/kikisakedokoro

紅葉はまだまだこれからです。

一ヶ月後くらいかな?

渓谷が錦に染まる時期にでかけてみてはいかがでしょうか。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.