最強の「ほぼ日手帳 weeks avec」が欲しい

前回、こんな「ほぼ日手帳 カズン avec」が欲しいという記事を書いたけれど、ほぼ日手帳 weeks ナイトスカイをいじくりまわすうち、「最強のほぼ日手帳 weeks avec」のアイディアが浮かんできた。
 なぜなら、weeksはオリジナルよりも広い面積を持っているからだ。

こんな「ほぼ日手帳 カズン avec」が欲しい | COCOLO CHRONICLE

使い先の決まらぬまま、モノの良さに惹かれてついつい ほぼ日手帳 weeks ナイトスカイを衝動買いしてしまった。 あれこれいじるうちに、こんな外装の ほぼ日手帳 カズン avec が欲しいなぁ…と思うようになった。 オールマイティな全部入りでA5サイズでたっぷり書けて、それでいて厚さは僅か1㎝。 それならば、すっきりと裸族で使いたい。 …

オリジナルより広いweeks

どうしても狭いというイメージを持ちがちなweeksだけど、あらためてサイズを確認してみると、実はオリジナルよりも広い面積を持っている。

weeks タテ18cm × ヨコ9.5cm=171㎠
 オリジナル タテ14.9cm × ヨコ10.5cm=156.45㎠

ほぼ日のサイズ表記なので、weeksは外装も含めたサイズかもしれないが、それにしたってweeksのほうがオリジナルよりも10%近く広いページ面積を持っている。
 だから、weeksに狭さを感じてしまうのは、そのサイズ自体ではなく、一週間に1ページというレイアウトのせいなのだ。

1日1ページもいける

だとすると、ほぼ日伝統の1日1ページも問題なく飲み込むことができる。
 オリジナルと比べてタテヨコのバランス感が変わるかもしれないが、ポケットに入るサイズで
 1日1ページたっぷり書けるなら文句はない。
 それに、日々の言葉も毎日読めるしね。

avecという解決方法

「いやでも、1日1ページにすると厚みが増してポケットに入らないよ」
 という意見もごもっとも。
 しかし、それにはavecという解決方法がある。
 分厚いのが嫌だったら分冊すればいいじゃんというほぼ日のシンプルな提案は、1年の手帳は一冊でなければならないという僕らの固定観念を軽々と打ち破ってくれた。
 それを今回も応用することで、厚みの問題はクリアできる。

カズンのavecのカズンとして

weeksは240ページで厚さ1㎝。
 カズンのavecは288ページで厚さ1㎝。
 そうであるならば、カズンのavecの内容を全部網羅することが可能なんじゃないだろうか?
 月間ブロックカレンダーも週間バーチカルも1日1ページも全部網羅して、厚さほぼ1㎝。
 これに殴り書き用のメモ帳セットを加えれば、もうコレ一冊で全部まかなえる。
 全部入りのweeksをポケットに忍ばせて、あっちもこっちも手ぶらーでふらふらできる。

アレがないコレがない、あったらあったで重くてかさばる。
 それが全部解決する「最強のほぼ日手帳 weeks avec」
 これはもう、カズンのカズンというより、次世代のベイビーと呼ぶべきかもしれないけど…

ほぼ日手帳 2017 weeks カラーズ・ナイトスカイ(1月始まり) ウィークリー

ほぼ日手帳 2017 weeks カラーズ・ナイトスカイ(1月始まり) ウィークリー

posted with amazlet at 16.12.15

東京糸井重里事務所 (2016–09–01)
 売り上げランキング: 1,208

Amazon.co.jpで詳細を見る


Originally published at COCOLO CHRONICLE.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated avatarou’s story.