能捨(のうしゃ)「もう一歩深めるために捨てること」

この先の身の振り方なんてえものを、いろんな人と話していると、「いやあ、なんでも出来そうだよね」とありがたいお言葉を頂戴する。
 何やったってソコソコ上手くこなせるんじゃないかという評価は、しかし、ありがたいとばかりも言えない。
 なんでもできるというやつは、なんにもできないやつの裏返し。
 それは、誰にでも優しいと言われる男が、実は誰にも優しくないのと同じことだ。

能捨という言葉

そんなタイミングで、Tumblrのダッシュボードに「能捨」という言葉が流れ着いてきた。

印象深かったのが「能捨(のうしゃ)」という仏教用語です。それなりに優秀な人は、なにをやらせてもある程度のところまでいく。どんな分野に手を伸ばしても、一定以上の結果を出せる。でも、それだと「そこそこ」の結果で終わってしまう、もう一歩先に進みたかったら、なにかを捨てなきゃいけない。それが「能捨」だというんですね。

情報源: 『世界初をつくり続ける東大教授の「自分の壁」を越える授業』:紙魚:So-netブログ

上品とは言えない僕のTumblrのダッシュボードも、時折いいことを言う。
 Evernoteよりも、はるかに僕の第二の脳というにふさわしいTumblrは、誰よりも僕のニーズをわかってくれているようだ。

何を捨てるか?=何を残すか?

という選択、決断をずっとおざなりにしてきたような気がする。
 流れるままに、状況とソコソコの手打ちをして、気がついたらこんな見知らぬ場所に流れ着いてしまった。
 選んでいないのだから、望まぬものに囲まれてもしょうがない。
 しかし、ソコソコのグレードも、ひところからストップ安を更新中だ。
 だから、このところは、いろんなものを捨て始めていた。
 ふと正気に戻れば、必要だと思わされていた粗大ゴミを後生大事に抱えており、本当に大切なものは雨ざらしになっていた。
 もうひとつ先に、もうひとつ深く、自分の人生にダイブするのなら、まだ捨てなければなららないものがあるはずだ。
 判断がつかないのなら、決断をしなければならない。

「しかし、旦那。もうたいがいのものは捨てちまって、これ以上捨てるものは見当たりやせんぜ。」と、つきあいの長い内なる声はささやく。
 しかしまだ、ソコソコに手打ちしようとするココロそのものは、そこにある。
 それが弱さと呼ばれるものか、大人の判断と名乗るものなのかを判断するには、僕は情弱すぎる。
 しかし、それでも、いや、だからこそ、そいつを真っ先に放り投げなきゃいけないんだろう…


Originally published at COCOLO CHRONICLE.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.