Googleの日本語ウェブフォント「Rounded M + 1c」をWordPressに設置

Googleが公開している日本語のデザイナーウェブフォント「Rounded M + 1c」を、このWordPressのブログに設置してみた。
 設置はカンタンで、以前、Noto Sans CJK JPを試した時よりも、遅延が気にならない。

Rounded M + 1c

Rounded M + 1c

アクが出るようなクセはなく、読みやすいながら、なんとなく印象に残る。
 さして特徴のないブログだから、フォントに頼ろうという下心は差し引いても、ほのかな柔らかさが気に入ってしまった。
 全部で9種類のフォントが公開されているので、お気に入りを探してみてはどうだろう。

Google Fonts + 日本語 早期アクセス * Google Fonts + Japanese Early Access

追加CSSに記載するだけ

フォントについては浮気性な僕は、手軽にちょいちょい変更できるように、CSSに記載することにした。

  1. このテーマMokaのスタイルシート (style.css)を「テーマの編集」から開いて、font-familyに関連する項目をピックアップ。
  2. 外観>カスタマイズ>追加CSSに追記する。
@import url(https://fonts.googleapis.com/earlyaccess/roundedmplus1c.css);
html, body, div, span, applet, object, iframe, h1, h2, h3, h4, h5, h6, p, blockquote, pre, a, abbr, acronym, address, big, cite, code, del, dfn, em, img, ins, kbd, q, s, samp, small, strike, strong, sub, sup, tt, var, b, u, i, center, dl, dt, dd, ol, ul, li, fieldset, form, label, legend, table, caption, tbody, tfoot, thead, tr, th, td, article, aside, canvas, details, embed, figure, figcaption, footer, header, hgroup, menu, nav, output, ruby, section, summary, time, mark, audio, video ,#front-sidebar .widget_moka_about h3.about-title,#front-sidebar .widget_moka_quote p,#front-sidebar .widget_moka_quote p.quote-author
 {
 font-family: “Rounded Mplus 1c”; sans-serif;
 }

なにせ「本質と基本」を理解していない男。
 本当に正しい方法なのか、裏は取れていないけれど、It works!
 こちらのサイトの情報を利用。

Early_Access_-_Google_Fonts Rounded Mplus 1c (Japanese)

ちなみに、ここからフォント自体のダウンロードも可能なので、ウェブに限らず普段使いでも活躍してくれそうだ。

そもそもキッカケは

そもそも、設置しようとしたキッカケはあきさんのブログで目にしたからだ。
 唐突に質問する僕に、あきさんは親切に回答してくれた。
 あきさん、ありがとうございます!

そしてビックリ!

教えてもらって僕はビックリした!
 なぜなら、このフォントを知っていたからだ。
 そう、Googleが公開しているこのサイトで見ていたからだ。
 その時は、ふーんって感じだった。
 ところが、実際にサイトに活用されたものを見ると、雰囲気が全く違う。
 フォント自体を見た時は試す気が起きなかったのに、実例を見るととても魅力的に見えた。
 ほんとうにフォントの世界は奥が深い。
 ちょっとしたことで印象が変わってしまう。
 だから、もっと踏み込んでいえば、フォント自体の美しさだけではなく、書いているもの、書いている人との相性も問題になってくるのかもしれない。
 このブログを見ている人が、違和感を感じてなければいいなぁ…

使い心地は

最初に、こほん!と咳払いするような軽い遅延があり、あとはなんの問題もなく表示されているようだ。
 ただし、忘れた頃に、ゴホゴホゴホ!と激しく咳き込むような読み込みの遅延が発生することがある。
 コンマを争うスピード表示原理主義者の皆様には向かないだろうが、自分の気に入ったデザインでゆるーくブログをやっていきたいという人には、よい選択肢。
 ぜひ、お試しあれ!


Originally published at COCOLO CHRONICLE.