iPhone 7とスーパーデジラ「進化とは生活に溶け込むということ」

リークされる代わり映えしないデザインに、たいへん前評判の低かったiPhone 7の発表は、蓋を開けてみれば、史上有数の驚きを与えてくれた。
 さらに追随して発表されたキャリアの新しいスーパーでモンスターなプランが、それに拍車をかけた。
 それらは、進化とは生活に溶け込むということだと、提示したのだ。

進化したカメラやスピーカー、etc…あるけれど、何しろ今回の目玉は耐水性とSuicaに尽きる。

耐水性はどの程度?

耐水性能を組み込みました。iPhone 7はボディ全体を再設計することにより、iPhoneとして初めて耐水性能を備えました1。これからは、水がこぼれたり、はねたりしても、ホコリがついても、あなたのiPhoneはこれまで以上に守られます。

情報源: iPhone 7 — Apple(日本)

iPhone 7の防水・防塵性能はIP67という規格を満たしている。

今回のiPhone 7/7 Plusは「完全防塵」で、かつ「30分間の水没に耐えられる防水性能」だといえる。

情報源: ITmedia Mobile

つまり一緒に海に潜ったりはできないけれど、僕らが直面するトイレでの水没にはヘッチャラになったということだ。
 誰かが、トイレプルーフと名付けていたけれど、そのネーミングはすすんで支持したい。
 降り出した雨の中、閉じられないマップ。
 うっかり倒してしまったグラス。
 そうしたことには、もう神経をすり減らす必要がなくなった。
 ただ、下記のようなコトもあるようなので、僕も冒険はしないつもりだ。

余談ですが、以前、防水/防塵をうたうスマートフォン(メーカーや機種はここでは伏せます)を愛用していました。あるとき「ちゃんと耐えられるか実験してみよう!」と思い立ち、水に沈めてみたところ、翌日からなんとなく調子が悪くなり、翌々日からおかしな動きをするようになり、最終的に電源が入らなくなったことがあったので、私はもしiPhone 7を購入しても、無茶はしないことにしています。

情報源: ASCII.jp:iPhone 7の防水/防塵性能「IP67」はどのくらい強力なのか?|iPhone 7&iOS 10、ASCII総力特集!

しかし、スーツを着ている時のような、トラウザーズの折り目を気にするような気遣いとは無縁になった。
 ジーンズの気楽さで、iPhone 7とは付き合えそうだ。

ようこそSuica

モバイルSuicaには、本当にお世話になった。
 この日本で、特に東京という街を電車でさまよう男には、本当に便利な相棒だった。
 ガラケーから離れる時には、ソレがないことが最大のネックとして逡巡したし、今でもソレがないことで泣く泣くiPhoneに移行できない人を何人も知っている。
 それが思いがけないタイミングで再会を果たすことになろうとは…

発表直前には、その可能性がいくつか報じられていたけれど、我らがJR東日本が要求するレベルの高さとチップの問題に、来年以降の、次のモデルのお話だろうと思っていた。
 ところが、Appleは日本専用モデルを出すことで、この問題を飛び越えた。

新型iPhoneに「日本専用機」が出現したワケ(東洋経済オンライン) — Yahoo!ニュース

米アップルは7日、サンフランシスコでスペシャルイベントを開催。iPhoneシリーズの最 — Yahoo!ニュース(東洋経済オンライン)

あればいいなぁ…が揃った

日常防水があれば心配は減るのになぁ…

Suica使えりゃ楽なんだけどなぁ…

そうした足りない機能、いや要素というべきものが、一気に埋められた。
 その他の性能的な話はどうでもいい。
 カメラやチップのパフォーマンスが上がったなんてどうでもいい。
 たとえそこが変わっていなくても、今回加えられた要素だけで手に入れる価値がある。
 生活に欠かせなくなったiPhoneには、今できていることをもっと高度にやってもらうことより、生活に溶け込むために溝を埋めて欲しかった。
 それが今回、ほぼ叶った。
 それも、日本専用モデルをリリースするというAppleの太っ腹のおかげで。
 モノとしては、これでいい。
 しかし、iPhoneを使うには回線という要素もある。
 こちらは、本当に本当に何も期待していなかったのだが…

スーパーデジラとギガモンスター

前触れなく発表されたプランには、本当に驚かされた。
 ギガモンスタースーパーデジラでは、6,000円払えば20GBまで使える。
 30GBまで使っても8,000円!
 これまでの価格設定は何だったの?
 と突っ込みたいが、ここはガマン。
 これこそが待っていたプラン。
 こうしたシンプルで割安なプランは、今後の長い付き合いを良好に保ってくれるだろう。

無料Wi-Fiと携帯料金プランに思うこと | COCOLO CHRONICLE

ちょいと前、Softbankからauに乗り換えた。 いろんな要素はあるけれど、楽しみにしていたのが au Wi-Fi SPOT。 Softbankとは違ってMacやPCも利用できるとあって、これでモバイルルーターとは手を切れると期待していた。 ところが、それは他のWi-Fiスポットと同様に、実用に耐えうるものではなかった。 早速Macで au Wi-Fi …

このおかげで、またも僕らは生活の中の制限から解放される。
 おウチのWi-Fiにつないでからじゃないと、まともな無料Wi-Fiをつかんでからじゃないと、そうしたことをぷちぷち考えずに、繋がりたい時にサクッと繋がれる。
 そうしてまた、iPhoneが生活の中に自然に溶け込んでいく。

さらに、このプランはテザリングを使いやすくする。
 一長一短だらけのモバイルルーター選びに苦労することもなくなる。
 そうして今持っているものだって放り投げてしまえばいい。
 ポケットにiPhone 7を忍ばせて、あとはMacBookいっちょう持ってプラプラできる。
 セカイは、割と簡単に、自分用に変わってくれるのだ。

3日間の通信速度制限?

いやいやちょっと待てよ。
 通信容量には、月間以外に3日間のシバリがあったよね?
 でもまさか、このプランで制限かけるわけないよね?!
 とチェックしてみたら、OKだった。
 SoftBankは。

ギガモンスターは3日間での通信速度制御の対象外です。ご契約のデータ容量まで安心してご利用いただけます。

情報源: 超安!大容量!20GBプラン!ギガモンスター 価格破壊!のデータプラン新登場! | モバイル | ソフトバンク

一方のauからは、何のコメントも出ていない。
 まさかとは思うが、このプランで3日間の制限を適用するなんて暴挙に出たら、一挙にユーザーは離脱するだろうねぇ…

501とMacBook Air

発表前は、大きな変化はないだろうから名称もiPhone 7ではなくiPhone 6SEになるとまで言われていた。「7」は大きく変わる次のモデルのためにとっておくんだと。
 確かに、モデル自体は大きく変わったとは言えない。
 見てくれも馴染みがあるし、中身は多少速くなった程度。
 ティム・クックCEOが匂わせた誰もが新型iPhoneに買い換えたくなるような革新的機能も、僕には特定することはできない。
 しかし、マスターピースはこうして進化していくのではないだろうか。
 デザインを極めてしまったMacBook Airは、もう内部のアップデートしかしていない。
 その意匠を受け継ぐMacBookも、ウルトラマンとゾフィーのようにそっくりだ。
 例えばジーンズで、僕らは目新しいデザインの登場を望んではいない。
 リーバイスの501のようなものが、時代にあわせてモダナイズしてくれれば十分。
 そうしてそれは、その時代の僕らの生活に溶け込んでいく。
 iPhone 7の溶け込んだ生活を、今は、楽しみに待つとしよう。

http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=3014466&pid=884300828


Originally published at COCOLO CHRONICLE.