Day 17 “Diversity “— サーバーワークス Advent Calendar 2016

これは株式会社サーバーワークスのAdvent Calendar 2016の記事です。

サーバーワークス 福岡オフィスの小室です。本当はかめはめ破について書こうと思ったのですが、亀仙人のアポイントがなかなか取れなかったので、今回は多様性を考えます。

亀仙人には年末に会いに行きたいと思ってますのでご期待ください。

さて、多様性って聞くと色々キーワードが出てきますが、大体は人種が違う人、国籍が違う人が会社に入ることを多様性がある状態である、と考える人が多いと思います。

サーバーワークスは見ている限り、日本国籍で、見ている限りアジア人ぽい人しかいないように思います(もしかしたら多重国籍で、ハーフ、クオータがいて私が知らないだけかもしれません)

でもサーバーワークスは多様性がある会社だと思います。

なぜか?それは(私が考える上では)多様性とは、自分と違う人がいても(そしてその人の生き方が嫌だなと思っても)居ること自体を否定しない、まぁ、そういうもんだ、て許容する事だからです。

大きな分類から考えると、男と女と、それ以外も居るかもしれない。仕事好きな人やお布団好きな人、出勤が好きな人や家で仕事するのが大好きな人、開発が好きな人、お客さんと話すのが好きな人、会社のゴミ箱の分別が気になる人、こけしが好きな人などなど会社に関わらず色んな人がいますよね。きっと宗教や支持政党、趣味趣向、カップリングの組み方だって違います。

それを理解しなくてもいいから、そういうもんだってその人が居るスペースを作ってあげることが多様性なんだと思います。

サーバーワークスは会社としての形態をしているので、営利活動を阻害するような活動をされては困りますが(例えば犯罪行為🔪やモラルに欠ける行動🙈、社内でキャンプファイヤ🔥するとか)、仕事が出来てさえしていればどんな人がいてもいい訳です。

ワーキングマザーでも、日本酒好きでも、勉強会好きでも、新パパでもどういう人でも居ていいんですよ(好きな人同士部活作ったりしてますしね)

だから多様性が欲しいと言いながら、人にどうあるべきかを押し付けてはいけません。その人はその人が望むままでいいのです。またその人を嫌いでも別にいいんです。その人を自分の思うようにしようと試みなければ。

一見無関心のように見えるかもしれませんが、社員同士でお互いに知らない一面を発見し、少しずつ新しい価値を受け入れている。

(全員がそうではないかもしれませんが)理解出来ないかもしれないけど、否定はしない。良い文化だなと思います。

これからもどんどん新しい人が入ってきて、新しい何かを広めてくれたらいいなと思います。

そうそう、福岡オフィスは来年3月に移転を行いますので、是非お越しください!きっと多様性って結局は「ふ〜んそうなんだ・・・で、それで?」て言ってくれる雑さなんだなって思います。まぁ、福岡オフィスのメンバーはめっちゃ優しい人たちばかりですけどね!

次は 傷だらけの女神 ぎょりが全米が泣いた感動話を展開してくれると期待しています!

ここまで読んでいただき有難うございました!Happy Holidays!

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Aya Komuro’s story.