「なんで?」の反語は人を傷つけるかもしれない

私は議論中に「なんで?」てよく聞く。ただ物事の詳細、動機を知りたいだけなんだけど、最近人によってはそれを反語として受け取る人が居るって気づいた。

どうしてそれをしたのですか?理由が知りたい。じゃなくてどうしてそれをしたのですか?それをしたの貴方を理解出来ない、といった風に。

今更かよーて自分でも思う。「何で」は反語表現として強い否定形があるのだから、もっと用心して使うべきだった。

なぜだろうか、という気持ちは物事を理解する上では必要な過程であるし、知的好奇心は止められないのでしょうがないが、ただ知りたいと聞く時には「なんで?」という単語は受け止める人の気持ちを害する可能性も忘れてはいけない。

議論をする時にお互いの知識および情報レベルがある程度一緒である事を確認したのちに議論するのは大切だと思う。後、双方共に議論をするモードじゃない時は気をつけた方が良いかもしれない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.