UXデザイナーは何をデザインしているのか

(UXデザイナーっぽい仕事を1年くらい続けて思うこと)

UXデザイナーの成果物は「成果を出すチーム」

僕は普段「デザイナー」のつもりで仕事をしているのですが、グラフィックデザインやUIデザインをする時間を意図的に削っていて、世間でいう「UXデザイナー」っぽい仕事をしているように思います。

その「UXデザイナーっぽい仕事」が何に繋がっているのだろうかと考えたときに、チームのデザインをしているのではないかと思い当たりました。
 
正直なところ「俺がUXデザイナーだ!」という自負は全く無いのですが、UXデザイナーっぽい人が業務で何をしているのかという情報はあまり発信されていないように思ったので、自分のしている「チームのデザイン」について書いてみようと思いました。

なぜチームのデザインが必要なのか

改めて考えてみたのですが、単純に「ユーザーに価値を感じてもらえて事業としても成立する製品・サービス」をつくること・維持することが難しいからではないでしょうか。

たとえ最初は上手くいっていたとしても、ユーザー数が頭打ちになって方向性に迷いはじめたり、チームの拡大や分業化で“つくること自体”が目的に置き換わってしまったりすると、闇雲に開発するだけではユーザーに価値を届けることが難しくなってしまいます。

そういった問題に取り組むことがチームのデザインであり、おそらくそれはUXデザイナーでなくても良くて、事業部長でも、マネージャーでも、POでも、エンジニアでも、取り組む人がいれば誰でも良いのだと思います。

チームのデザインとは何か

僕の普段の仕事でいうと、まず、ユーザーインタビューの実施やCSチームにまとめてもらったお問い合せを見たりする定性的な調査と、ユーザーアンケートの実施や分析チームに調査を依頼したりする定量的な調査を行っています。

それらのユーザー調査をもとにペルソナを作成・更新することによって、「誰の何を解決する製品・サービス(であるべき)なのか」を明確にしようとしています。

また、無数にある施策の優先度をつけたり、施策の効果を測るときに「DAU」や「定着率」「流入数」といった大味な数字だけでなくコホートで確認できるようにするために、コンセプトダイアグラムの作成・更新もしています。

施策を考える際には、ペルソナにどのような体験を提供したいのかというジャーニーマップを描いて、ニーズを満たすために必要なステップや心理変化を可視化し、事実ベースになっていない箇所の洗い出しをしたり、「ユーザー体験のどこに問題が潜んでいるのか」の仮説を立てたりします。

仮説を立てた後は、最小コストでその仮説を検証できる実験(施策)を考え、エンジニアやPOから意見をもらって仕様を詰め、その画面のUIデザインをして実装をお願いしています。

最後に、施策の結果を分析チームに調査してもらい、その学びをペルソナに反映することで次の施策の精度を上げる、という工程を繰り返しています。

この中で自分一人でできる仕事は殆どなく、常にチームの協力を必要としているのですが、裏を返せば、そうすることによってチーム全体を巻き込んで、全員が同じ方向を見ながら開発を進めることができます。

まとめ

大前提として、UXの手法や概念についてどれほど詳しくなったところで、それ自体がユーザー体験に与える影響はゼロです。
 
 エンジニアやデザイナーなどチームメンバーの協力によって製品・サービスが形になり、それがユーザーに届いて初めてユーザー体験に影響を与えます。

しかし、その制作の前工程の検討が不十分だと、全く見当違いなところに技術と時間をつぎ込んでしまうことになります。

そうならないためには、「チームのかけたコスト」をなるべく大きな「ユーザーに届く価値」にする、UXデザイナーが必要なのではないでしょうか。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Inaba Takashi’s story.