特異なマスターベーションのしすぎはED、遅漏、中折れ三重苦をもたらす

特異なマスターベーションのしすぎは、ひどくなると普段のSEXでは物足りなくて勃起すらできなくなる…

まさに肝心な時に断たない、正真正銘の「ED」となってしまうおそれがあります。

また、このような遅漏に関しては、途中で萎えてしまう「中折れ」とのセットであったりもします。

懸命に腰を振っても全然射精に至らないので疲れてしまい、途中で萎えたりもします。

そうなると相手も快楽から、威哥王どんどん「苦痛」に感覚が変化していきますので、「SEX自体ができない」という状態となり、心も離れていってしまう恐れがあります。

挿入ができる程度であれば、勃起はしますのでEDではありませんが、不完全なSEXしかできないため、「準ED」とでもいうのでしょうか。

とにかく、治療はしたほうがよいでしょう。

一番の治療法としては「マスターベーションをしない」ということです。

そうすれば、本能的に性的処理をしたい欲求がたまり、視覚的、感覚的な刺激を求めるハードルが次第に下がっていきます。

また、実際のSEXではペニス以外の部分も刺激してもらうということでしょう。

女性の膣圧だけではイケないという場合、新たな刺激を生み出すということが一番「イケる」可能性が高くなります。

たとえば、SEXするときにはシャワーを浴びて、嗅覚を刺激してフェロモン効果の高い石鹸やシャンプーの香りをわざとつけてもらったり、風呂場でソープを使って、肉感を重視した、女性上位のSEXしたりするなどしても効果があります。

フェロモン香水などを使うと、一定の効果はありますね。

間違っても、強いフェラとか、手コキに頼ってはなりません。

元に戻ってしまいます。

また、過激なオナニーを原因とする不感症で全く勃起でなきないとはいかないまでも、完全勃起できないという準ED状態の場合にはするような場合にはED治療薬は効果的です。

特に「シアリス」はよいですね。

習慣的になっていた人が全くオナニーを行わないというのは難しいかもしれません。

しかし1週間くらいは我慢して、普通にSEXができるような状態に徐々に戻していきましょう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.