ないものねだり。

疑いを覚えた僕らに、何かを信じきることって意外に難しい。

外の世界に、絶対は絶対にないから、

物事は流動的で、儚いものだから。

けれども、それでも、人は願う。

人は信じていたいと思ってしまう。

それが悲しいくらい人間なんだと思う。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated kawabata yusuke’s story.