僕たちは世界を変えることができない。

就活だ。

働くことが迫ってきていて、

自分が何者になるのかがわからずに、少し怖くなるときがある。

この4年間

どれだけ無茶しても、仕事しても、遊んでも、

僕は学生だった。

あーだこーだと熱く語り合った日々。

大きく広げたキャンパスには隅々まで夢を書き込んでは消して、なにを描きたいのかまたわからなくなる。

わかっていたつもりではいたけれど、現実はやっぱりやってきて、

多くの人が何者かになっていく。

そういうモノに苛まれることはあるけれど、

「自分の可能性に線を引くのはいつだって自分。」

そういう類いの誰かの言葉を少しだけ信じて、また、半歩進めるように。

って書いて、丸一年。

うまくいかないことばかり。

昔よりも愛とか恋とか世の中がどうとか

どうでもよくなった。

ほんと何してんだろ。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated kawabata yusuke’s story.