正しい妥協を考える
意思決定には、要領と手段が必要だった
k.ono
131

正しい妥協

理論を精錬しているという場面でもない限り、

実際生きている現場で「正しさ」というのが絶対性を持つことの方が少ないかもしれず、

しかし現実には果てしなく判断を積み重ねて前進して行かなければならない以上、

正しさというのはあくまでも「妥協」とセットになっていて、

換言すれば「妥当性」が常に厳しく審問されているのだ、ということを、

「正しい妥協」という言葉が照射しているのですね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.