雨ざあざあ、

日付を見ると6月6日で、反射的に↑のフレーズが口をついて出るが、今朝は珍しい快晴ではある。だがこの3日ほど、夕刻から夜半にかけて雹と落雷、というのが続いており、それでのせいだか此国東部で貨物電車と旅客電車の衝突事故が発生して3人が死亡したとかで、朝イチに臨時ニュースを放送していた。と言っても事故発生は昨夜23時過ぎで、臨時ニュースやる、という通知が来たのが6時半ぐらい、7時のニュースはものの10分で「次のニュースは8時から」と。言っちゃあ何だが優雅なもんだ。

このあいだの爆発テロの時はしかし仕事中〜拙宅は停電中、だったのでテレビのニュースは当日は一切観られなかったから知る由もないが、熊本のニュースをネットで地球の反対側にありながら食い入るように観られたのと比べると、違いは際立つというか。まああの時だって日本のテレビ局の取材は複数社入ってたし、仕事中だったのと現場近くにいた被災者モードだったのとで業務化は謝絶申し上げたからなあ。請けていたら今この画を撮りに行ってたかも知れないな、というのをいくつかYahooニュース配信の動画で観ながら思ったりもした。その画、必須かなあ?みたいな感じで。

その視点からすると、此国国営放送はほんとに緩くやってて、それを優雅と称揚したくもなるのは提供する側としての言い分である。視聴者はもっと知りたいとか見たいとか、そう思うかなあ??これぐらい緩くて全く問題ないんじゃないだろうか。知りたいとしたら、この事故が月曜朝のラッシュ時にどういう影響を及ぼすか、という一点であろうし、事故の原因が落雷と関係あるのか、ずるずるストをしていた南部で発生したこととの因果関係はどうか、とかも、まあ知りたくないわけではないが必須ではない。

今日はこれからバタバタとまた学校のある街に出掛ける予定なのだが、スト明け?に加えてこの事故との影響はどんなもんなのかな。今日じゃなきゃいけなくなければ水曜、にしたいようでもあるが、だってこれ既に先週のがストで先送りで今日になってて、本来なら6月頭には終了してしまっていないと、という案件なんだよねえ。というわけでケツ捲ってトライせずばなるまいよ。という案件が今週は目白押しじゃないか!というのを頭の中から手帳に落としこむ作業をしつつ整理しないと。

今はこんなに快晴なのに、昼過ぎからまた雷雨の予報が出ている。ミョーな足止めとかその他不測の事態が、最小限であることを祈る。